ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

« 「私が愛した『走る爆弾娘』菊地直子へのラブレター」 | メイン | 「長崎ちゃんぽん」が韓国で商標登録? »

2012年6月13日 (水)

ゴジラにスカイツリーは壊せるか。

   東京のシンボルだった東京タワー。特撮映画の中でモスラの幼虫にへし折られ、ゴジラには「放射能火炎」で破壊されました。

 高い建物は特撮映画に出てくる怪獣に狙われる運命にあり、いずれは東京スカイツリーも怪獣たちのターゲットとなる日が来るでしょう。モスラやゴジラには、スカイツリーを破壊できるのでしょうか。シリーズ「空想科学読本」でアニメや特撮作品を科学的に考察している柳田理科雄さんに聞いてみました。

Img_03011

 1961年の映画「モスラ」の中で、東京タワーをへし折るのは、最大時で体長40m、体重8000トンになるモスラの幼虫。へばりついて繭を作られた東京タワーの総重量は約3600トンで、モスラの半分以下です。この重量差では映画のとおり、タワーが崩れるのも無理はありません。

 ではスカイツリーならばどうか。電卓を使って計算を終えた柳田さんは「持ちこたえられるのではないでしょうか」と回答。あまり知られていませんが、ツリーの総重量は、東京タワーとはケタ違いの約4万1000トン。8000トンにのしかかられても・・・確かに平気そうですね。東京タワーは1958年当時、地震対策のため、地面に負担がかからぬよう、なるべく軽めに設計されましたが、約2倍の高さのスカイツリーは逆に、十分な鉄骨を使うことで安定させる発想で設計されています。

 ではゴジラなら壊せるのでしょうか。2003年の映画「ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS」の中でゴジラは「放射能火炎」で東京タワーを破壊していますが、ここでは1954年の初代ゴジラ(体長50m、体重2万トン)が素手で挑むと仮定しましょう。「身長170センチ、体重70キロの人が高さ22mで重さ140トンの塔に挑む計算になる。ゆさぶることぐらいできそうだから展望台にいる人はひどい目に遭うでしょう。しかし壊すとなればよじ登っていくしかないでしょうね」。

 ゴジラの体重は2万トン。この体重をかけてツリーを壊すしかない。「ツリーは上部ほど弱いので、壊すには塔に登るのが一番。しかし450mの天望回廊まで登ったところで、ツリーが崩れたらゴジラ自身も時速340キロで落下する計算になります。ゴジラはツリーと刺し違える覚悟がなければ壊せないでしょうね」。

 では、どんな怪獣なら壊せるのでしょうか。柳田さんは「感覚的にいうとツリーの半分ぐらいの大きさ。350mぐらいの身長は必要でしょう。史上最大級の怪獣になります」。

 ツリーの半分の身長があるとしても、人間が拡大した場合と、ゴジラが拡大した場合では体重が全く違ってくる。しかし、東京タワーの基礎は4本の円柱が深さ20mまで埋まっているのに対し、スカイツリーには、ツリーの根本に三角柱の基礎が50mまで埋まっています。これを引っこ抜くのは350mの怪獣でも楽勝とはいかなさそうです。

 柳田さんは、こんなシーンをイメージしています。「怪獣も素手でなかなか壊れないから当たりを見回してみたら、東京タワーがみつかった。タワーを引っこ抜いて凶器のように振り回しながらツリーを展望台の辺りから壊しにかかるのではないでしょうか」。

 しかし、怪獣映画の設定上、問題が生じそう。「問題はそんな怪獣が倒せるかという点。最大のミッションになるのではないか・・・」と柳田さんも考え込んでしまいました。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/235990/29232551

このページへのトラックバック一覧 ゴジラにスカイツリーは壊せるか。:

コメント

Miyake様 ご指摘ありがとうございました。

ゴジラの体重は、2万トン、スカイツリーは、4万1000トン。だとすると、ゴジラの体重を70キログラムとすると、スカイツリーの重さは、143.5キログラムのはずです。これなら簡単に壊せそうですが。体積換算をしているのだとしたらいいたとえではないような気がします。自重の2倍強の細長い建造物なら、ゴジラなら何とかするでしょう。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

甲斐毅彦

2020年9月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.