ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

« 芥川・直木賞授賞式 | メイン | ソウルの「独島(竹島)体験館」 »

2013年2月25日 (月)

植村賞に竹内洋岳さん

  昨年5月にヒマラヤ8000メートル峰14座完登に成功したプロ登山家の竹内洋岳さん(42)が、優れた冒険に対して贈られる2012年度の「植村直己冒険賞」を受賞することが25日、発表されました。

 授賞式は6月15日、故・植村直己さんの故郷の兵庫県豊岡市で行Img_8790 われます。

  1984年2月、北米最高峰のマッキンリー(6194メートル)で植村さんが遭難した当時、まだ中学1年生だった竹内さんは「強烈な印象が残っています。山の偉大な先輩がいたからこそ、面々と私まで受け継がれたと思います」と受賞を喜びました。

 次の目標はネパール・ヒマラヤの未踏峰などを中心に模索中です。「山登りは次にどこを登ろうか考えているときが一番楽しい。だから今は最高に山を楽しんでいる時なのです」と竹内さん。

 また、日本人最多のエベレスト7回登頂に成功した高所カメラマンの村口徳行さん(56)、女性では世界最高齢の73歳でエベレストに登頂した渡辺玉枝さん(74)の2人に特別賞が贈られました。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/235990/31097217

このページへのトラックバック一覧 植村賞に竹内洋岳さん:

コメント

 テーミスの秤さん、ありがとうございます。竹内さんは私と同い年でして、私の叶えられなかった夢をかなえていく人物だと思っております。おっしゃるとおり、今後も追い続けます!

こういう世界のことは門外漢なのでわかりませんが、竹内さんの受賞、おめでとうを言いたいです。
未踏の地に突き進んでいくすごさ、中学生のときに登山家を目指す志しの高さ。授賞式は植村さんのスピリッツの継承式のようでもありますね。甲斐さんのペンとカメラが竹内さんをずっと追いかけていくのでしょう。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

甲斐毅彦

2021年10月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.