ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

« 2013年3月 | メイン | 2013年5月 »

2013年4月

2013年4月26日 (金)

マイホームを買う時期は・・・。

東京都内に新築の一戸建て住宅を買いました。昨年結婚し、7月には第1子が生まれるとなれば、いい加減に腹を決めなくては、と。
 大学1年生だった1989年に中野区新井に風呂なしトイレ共同の月2万8000円のアパートを借りて一人暮らしを始めて以来、24年間の賃貸生活で支払った家賃を足し算してみたら2300万円を超えていました。

続きを読む »

2013年4月20日 (土)

「老化は治せる」

 「老化」は人間の宿命だと思われてきましたが、最新の医学によれば、治療可能な疾病なのだそうです。

 早老症、老年症などを長年、治療・研究して来た医学博士、後藤眞さんの新刊「老化は治せる」(集英社新書、735円)では最新の「不老の医学」を平易な言葉で解説。巷(ちまた)にあふれるアンチエージング関連の俗説に疑問を呈すとともに、老化予防のための具体的な生活術も紹介しているお勧めの一冊です。

Img_5641_2

続きを読む »

2013年4月19日 (金)

「色彩をもたない多崎つくると、彼の巡礼の年」

少し遅くなりましたが、村上春樹の新作「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」(文藝春秋)を読み終えました。

 すべての作品を読んではいませんが、私が村上春樹の作品に共通して持っている印象は「くっきりと構成された世界だが、足を踏み入れるとふわふわした感じがする。終始淡々としていて驚きはないけど、長い年月を経ても記憶に残っていく。そして何となく自分のために書かれた小説ではないかという気持ちにさせられる」という感じです。
Dsc_3208

続きを読む »

2013年4月14日 (日)

「異国に生きる」

Dsc_3199 アウンサン・スー・チーさんが来日した13日、ポレポレ東中野で上映中の在日ビルマ人を題材にしたドキュメンタリー映画「異国に生きる」(土井敏邦監督)を観てきました。
 
 誰のために、何のために、
 遠い「異国」で生きるのか。
 自分には何がいちばん大切なのか―
 一人の無名の在日ビルマ人男性を14年にもわたり撮り続け、作品にした土井さんに深い敬意を表したいと思います。是非お勧めしたいドキュメンタリー映画です。
 
今日の上映後には土井さんのトークショーが予定されていましたが、スー・チーさんとお会いすることになったそうで、急遽中止に。その代わり上映前に挨拶され「撮った自分でもいい映画だと思いますが、なかなか観にきて頂けない。観てよかったな、と思ったら是非ご友人にお知らせください」とおっしゃっていました。 

甲斐毅彦

2020年8月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.