ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

« 山岳気象予報士で恩返し | メイン | 映画「ハンナ・アーレント」 »

2013年11月11日 (月)

B-1グランプリ2013

 11月9、10日と愛知県豊川市で開かれたご当地グルメのイベント「B-1グランプリ」の取材に行ってきました。10日は雨だったにも関わらず2日間で58万1000人もの人が来場した盛況でした。新聞上はどうしてもグランプリの順位にこだわったものになってしまいますが、順位を競うよりも、町おこしを成功させることがイベントの趣旨です。実際上位にランクされなくても、美味しいものの出品はたくさんあったと思います。

こちらは初参加の南魚沼きりざいDE愛隊が出品した「きりざい丼」。野沢菜、タクアン、納豆を和えてコシヒカリに載せた素朴なものですが、地元の子どもたちが田植えしたという正真正銘の「コシヒカリ」はやはり美味しかったです。

Img_1215

 

 

 

 こちらはとにかく陽気に会場を盛り上げて銀賞に輝いた「十和田バラ焼きゼミナール」。県立十和田西高校の生徒たちが参加し、「ベルサイユの薔薇」をイメージして、合言葉は「ボンジュール!」。米軍の三沢基地が近いことから広まり始めた牛バラ肉を、日本一の産地という十和田のニンニクで味付け。「舌校長」を肩書きとする畑中宏之さんは終始ハイテンションでした。

Img_1225

 

 

 

 バリィさんで有名な愛媛県今治市は今治焼豚玉子飯世界普及委員会が参加。焼豚玉子丼は、地元の老舗、中華料理屋さんの従業員向けのまかないだったそうです。それが世界普及を目指そうというのですからまさに「野望」ですね。これも美味しかったです。

Img_1229

 

 

 

 野戦部隊のような男たちが煙まみれになって豚肉を焼いていたのが、対馬とんちゃん部隊。戦後、在日韓国人の方から伝わった食べ方を地元の方がアレンジ。しょう油、味噌をベースにニンニクやごま油を加えた特製のタレが自慢。隊長の武富泰一さんはメガホンを持って終始忙しそうに隊員たちを統率していました。

Img_1252

 

 

 

 町おこしイベントとあって各参加団体は食べ物だけでなく、町のPRにも工夫を凝らしていました。「各務原キムチ鍋奉行所」が参加した各務原市からはミス各務原がいらしていました。

Img_1278

 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/235990/31947925

このページへのトラックバック一覧 B-1グランプリ2013:

コメント

 先輩ご無沙汰しております。南魚沼産のコシヒカリを使った「きりざい丼」は冷めてもおいしかったですよ。

毎度どうも…。
私に気を使ってくれたのでしょうか? でも「きりざい丼」食べたことないんです…。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

甲斐毅彦

2021年4月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.