ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

« 2014年8月 | メイン | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月30日 (火)

「千年企業の大逆転」

 日本が世界で例のない「老舗大国」であることをご存じでしょうか。ノンフィクションライターの野村進さんの新刊「千年企業の大逆転」(文芸春秋、1000円)は、時代の荒波にもまれ、窮地に立たされながらも柔軟な変化で100年、200年と続く伝統を守り抜いた5つの日本企業を取材したノンフィクション作品。実例での復活劇だからこそ感動があり、目からウロコが落ちそうな雑学も満載です。

Img_20831

 アジア・太平洋をテーマに各国で取材の旅をしてきた野村さんは、いつのまにか、日本と他国との違いが気になり出しました。「なぜ、アジアの国々には、古い店や会社が少ないんだろう」。


 調べてみたら日本は、アジアではもちろん、欧米諸国でも例のない老舗大国でした。飛鳥時代の578年創業で世界最古の建設会社と言われる大阪の「金剛組」は別格としても、創業から200年以上続く企業が日本には約3000社。2番手のドイツの約800社を大きく引き離している。ちなみにお隣の韓国には1社も残っていません。「これをテーマに日本文化論が書けるんじゃないか、と思ったんです」。2006年に「千年、働いてきました」(角川書店)を出版したらベストセラーに。本書は老舗シリーズの第2弾です。


 登場する5つの企業には、老舗の固定概念を超えるダイナミックさに驚くと同時に勇気づけられます。本などの大事なところになぞる蛍光ペン、電子レンジで温めるコンビニの弁当や惣菜、しょう油やごま油などの調味料のキャップ・・・。これらは老舗企業が本業を守りつつも、本業で培った知恵やノウハウを生かして誕生しています。「老舗というと『静』のイメージがありますが、柔軟性と即応性を持つ『動』の組織なんです」と野村さん。


 アジア諸国で老舗が育たなかったのはなぜでしょうか。「例えば『まんじゅう作り一筋百年』に誇りを持つような価値観は日本以外では通じないんですね。アジア企業はだいたい血族最優先で、だいたい3代ぐらいでなくなっちゃう。日本の老舗は同族経営は多いですが、存続のためなら外部からでも優秀な人材を抜てきする。世界の中でも珍しく他者への信頼感が強い社会なんです」。

2014年9月 9日 (火)

日清食品でパブリック・ビューイング

 東新宿の日清食品HDビルで錦織選手が所属する日清食品の社員の皆さんと一緒に朝5時半から全米オープン決勝を観戦しました。ふだん観ていないのにこういう時だけ言うのはしらじらしいですが、大健闘でしたね。安藤社長には準優勝を記念して、錦織選手の出身地、島根県産の海産物をふんだんに使った「しまねっこヌードル」を出すようお願いしておきました。

Img_2072

2014年9月 7日 (日)

しまねっこも錦織選手を応援

新宿三丁目のJTB前に島根県の「しまねっこ」が登場。島根出身のテニスプレイヤー、錦織圭選手の活躍を喜び「はぎんでがんばらにゃあ!」と出雲弁で優勝を期待していました。しまねっこは昨年のゆるキャラグランプリで10位。今年は錦織選手とのダブル優勝で島根を盛り上げようと躍起いなっています。でも子供たちからが「ひこにゃんだ!」とネコ違いされたりして、へこんだりもしていました。

Img_2002

2014年9月 3日 (水)

デング熱騒動の代々木公園に行って来ました。

 デング熱の感染場所とみられる渋谷区の都立代々木公園に2日、東京都が蚊を捕獲するわなを園内10か所に設置し、翌3日に回収しました。これからウイルスを持っている蚊がいるかどうか検査をします。

Img_18071

 二酸化炭素を出すドライアイスや光で蚊を誘い、ファンの風で網の中に追い込む仕掛け。なんだか理科の実験で使うような手作り感のある仕掛けでした(笑)。園内で一番蚊が多いとみられる西門近くの雑木林に設置された採集器には2日の午後5時の時点で約70匹の蚊が網にかかっていました。


 都は園内に「蚊にご注意!」の注意書きを貼り、長袖長ズボンの服の着用や、素足でのサンダル履きを避けるよう注意を呼び掛けています。1日には蚊の発生を防ぐため、噴水を止めて池の水を抜いた。雨水をためる側溝の清掃は今週いっぱい続ける予定です。
 

Img_1826

都が注意を呼び掛けているものの、日なたぼっこするカップルやベンチで寝る男性は多いです。一方で長袖長ズボン姿で、首に薄手のマフラーを巻いて完全防備して散策している男性もいました。

 ちなみに私も7、8か所刺されましたが、今のところ熱はなし。感染は免れたようです。

2014年9月 1日 (月)

いざという時のための「着る布団」

 広島市の土砂災害により全国的に防災意識が高まる中、エコノミー症候群などになる恐れが多いと言われる避難所での環境改善を目指し、オフィス用文具メーカー、キングジム(東京都千代田区)が26日に、着たまま身動きがとれる人型寝袋「着る布団&エアーマット」(4860円税込み)を発売します。「余震があってもすぐ逃げられそう」などとネット上でも話題です。

Img_1702

 布団を来たまま電気を消しに行ったり、トイレに行ける。余震が来たらそのまま逃げられる。「着る布団」を開発したのは、防災グッズメーカーではなく、文具メーカー。発案したキングジム商品企画部の鈴木信雄さん「3・11が開発のきっかけになりました。見た目ではなく、実用性重視です」と話しました。自身も宮城県多賀城市にある妻の実家が被災したという。文具メーカーならではの発想で防災グッズを開発したいという思いがあったそうです。


 東日本大震災が起きた2011年3月11日、交通機関がマヒした首都圏の帰宅困難者は515万人(内閣府推計)に及びました。勤め先で一夜を明かすことを余儀なくされた多くの人からは「寝られる場所がなかった」「床は固くて冷たくて眠れない」などという声が上がりました。「着る布団」は160㌢×㌢のフリーサイズで手動ポンプでふくらませるエアーマット付き。合わせてA4サイズの箱に収めて書類と一緒にオフィスの棚に保管できます。


 東京都は昨年4月、帰宅困難者対策条例を施行。災害時には、交通の混乱を避けるために施設の安全を確認した上で従業員を事業所内に留まらせることを各企業への努力義務としました。新商品は当初、新条例を受けての企業向けの需要を狙ったものでした。


 ところが、問い合わせは企業だけでなく個人からも殺到。同社広報部は「予想外の反応。広島の土砂災害で防災意識が高まったためではないか」と話している。広島市の災害が長期化し、避難所での必要性があれば、寄付することも検討しているそうです。

甲斐毅彦

2020年8月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.