ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

« 末期がんと闘うドクター・中松氏 | メイン | フランス風ラーメン »

2014年11月15日 (土)

新幹線で感電

今朝方、東海道新幹線の新横浜駅構内で、男性が停車中の車両に上って感電する事件があり、取材に行って来ました。

 25歳の無職男性がよじ上ったのはノーズが長いN700系の新幹線。新横浜発広島行きの「ひかり493号」でした。発車待ちの間にノーズから運転席のボンネットによじ登り、屋根へ。その瞬間に「ドーン」という音がして発火。駅員さんが消火器を噴射すると線路に転げ落ちました。

 全身に火傷を負い、救急搬送されましたが意識はあるようで、県警によると「自殺しようと思った」と話しているそうです。N700系の車高は3・5m。ホームからだと2・25m。材質はアルミニウム合金で滑りやすく、相当上りづらいはずなんですが・・・。車両の電圧は2万5000ボルト。JR東海の広報担当者は「亡くなっていてもおかしくない」と話していました。1964年開業以来、ほとんど人身事故がない東海道新幹線で、一命を取り留めたことだけが救いでした。

Img_3008

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/235990/33053937

このページへのトラックバック一覧 新幹線で感電:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

甲斐毅彦

2021年10月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.