ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

« 2014年11月 | メイン | 2015年1月 »

2014年12月

2014年12月30日 (火)

「永山則夫 封印された鑑定記録」

 ジャーナリスト、堀川恵子さんの「永山則夫 封印された鑑定記録」(岩波書店 2013年)を読み終えました。優れたノンフィクション作品が持ちうる力を感じ、思わず涙が出てきました。  1968年に起きたピストルによる連続射殺事件で4人の命を奪った永山則夫の精神鑑定記録。数十年間、封印されていた100時間を超える録音テープ入手した堀川さんは、射殺犯の背景にあったものを浮かび上がらせています。掘り起こさなければ永遠に埋もれたままだったの事実が綴られています。  永山事件後も無差別殺人事件は繰り返されています。厳罰化が凶悪犯罪抑止に役立っているかは単純に判断できかねると思いますが、殺人に至る犯罪者の心的背景を明らかにしていくという点では、まだまだ不足しているように私には思えます。

 

Dsc_5311

  堀川さんは本書のあとがきにこう書いています。「日本の司法は、人々が納得する応報的な刑罰を科すことばかりに主眼を置かれ、被告人を事件に向かわせた根本的な問題に向き合ったり、同じ苦悩を抱える人々に示唆を与えるような機能はほとんど果たしていません」。まさに同感です。

 繰り返される凄惨な殺人事件に胸を痛める方には是非一度この本を手に取ってみて欲しいです。永山事件から半世紀近くたった今、私たちは経験から何を学んできたか。考えさせられると思います。

2014年12月29日 (月)

ラーメン店探訪14

 今年新たに出逢ったラーメンの中で最高だった秋葉原の「青島ラーメン」へ。チャーシュー麺(820円)。生姜の入った醤油スープは雑味のない正統派で、とろけるような薄切りチャーシューがまた旨い。年内に再訪できて幸せです。

Dsc_5307

2014年12月28日 (日)

山手線だニャン!

山手線には28日からアニメ「妖怪ウォッチ」のラッピング電車が走っています。上映中の「妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!」のPRを狙ってのタイアップ企画。期間は1月23日までだそうです。

Img_4296

2014年12月27日 (土)

カレー店探訪1

  西武新宿線鷺ノ宮駅前の「カレーやうえの」。ランチの鶏野菜カレー(600円)です。絵に描いたような家庭的なカレーで、味も最高峰だと確信しています。

Dsc_5305

2014年12月23日 (火)

「百円の恋」

話題の新作映画「百円の恋」(武正晴監督)を観て来ました。期待した以上に面白かったです。とにかく主演の安藤サクラの演技が圧巻です。

 贅肉ダブダブの32歳のダメ女が、シャープな肉体のボクサーに変わっていくわけですが、トレーニングや試合のシーンは、オーディションで700人の中から選ばれた安藤の「この作品ならば心中できると思った」という言葉のとおりヒロインの「斎藤一子」とまさに一体化していたのだと思います。

 ボクシングジムのロケ地は私にもなじみがある高田馬場の青木ジム。試合のシーンで登場するレフェリーやリングアナウンサーは後楽園ホールでおなじみの本職の皆さんなのでリアリティーがあります。映画が終わったあとも、ヒロインが勤める百円ショップの中で流れ続けている間の抜けたコンビニソングが耳に焼き付いていますが、この小道具が非常に効果的だったように感じます。お勧めの一本です。

Dsc_5301

2014年12月20日 (土)

東京駅100周年

 開業100周年を迎えた東京駅を取材して来ました。記念のSuica(スイカ)を1万5000枚限定発売したところ、客が殺到したため、安全確保を理由に約2時間半で、発売を中止に。丸の内南口のドーム内には、買えなかった人たちは「納得できない」「責任者を出せ」という怒号を響かせていました。徹夜組を合わせてこの日並んでいたのは9000人。

Img_4144

  並んでいるのは記念スイカへの愛情を持っている方ばかりなのかと思うと、実はそうでもないようです。ヤフオクのサイトを見ていたら、午後から早速、数十万円での高額出品が乱発されていました。怒声を響かせて駅員さんに詰め寄った人たちが、スイカが欲しい欲しいのではなく、転売のためだったと思うと何だか寂しい気持ちになって来ます。

Img_4137

2014年12月19日 (金)

中野サンプラザ、解体へ。

 中野区のシンボル「中野サンプラザ」が、駅前の再開発に合わせて解体され、跡地に大型の複合施設を建設する方針が決まりました。

 

Img_4136

 中野サンプラザは、中野で生まれ育った私が2歳だった1973年に「全国青少年勤労会館」としてオープン。幼稚園のときにはプールのスイミングスクールに通い、小学生の頃にはボウリング場で遊び、中学生の時にはジュークボックスで音楽を聴き、成人式もここで行いました。    2012年の結婚披露宴も結局は「慣れ親しんだところで」と思い、中野サンプラザを選びました。中野で生まれ育った私は生まれてからサンプラザとともに歩んできた人間といっても大げさではないと思います。

   中野区の田中大輔区長は「駅前という立地を生かし、交流や民間事業の拠点として区の発信力を高められるような施設にしていきたい」と話しました。明治大学が来たり、キリンビール本社の移転してきたりで、駅前もだいぶ様変わりしましたが、今後はさらに変わっていくのでしょう。時代の流れならば仕方がないですが、サンプラザがなくなってしまうのは、とても寂しい気がします。

2014年12月15日 (月)

午前3時の元首相

 昨夜は府中市の菅直人事務所で当落を見守りました。比例復活が確定したのは午前2時55分。2012年衆院選に続き、今回も菅さんは「午前3時の男」でした。

Img_4071


 万歳も拍手もない中で、ご本人が現れたのは3時すぎ。「自民党の議席をそぎ落とすことができず、大変申し訳ない」とまるでお通夜のような雰囲気の中で言っていました。


 福島原発事故のときに首相だった菅さんは、事故処理をめぐり、当時経産相だった海江田さんと対立。その後も関係はよくなかったのでしょう。お互いの応援をすることもなく、皮肉にも最後は比例東京ブロックの3議席を奪い合い、党代表を退けて菅さんが滑り込みました。代表を押しのけて当選した菅さんに民主党立て直しのための仕事ができるでしょうか。議席は微増したものの、民主党再生への道は大変厳しいように私には見えます。

ラーメン店探訪14

 今年4月に開店した府中駅前の人気店「麺創研かなで 紅」の紅ラーメン(800円)。辛みそスープに荒削りの超太麺。豚バラ肉がのっています。私にはこの辛さで十分ですが、「鬼辛」もできます。午前3時半にまでに及んだ菅直人事務所での開票結果待ちで、腹ごしらえのために入りました。再訪する価値のあるお店です。

Dsc_5290

2014年12月13日 (土)

東京1区選挙ルポ

 衆院選挙戦終盤は東京1区を取材していました。海江田万里代表は野党第1党党首のメンツをかけての戦い。2012年の衆院選で大接戦だった自民党、山田美樹氏と今回も接戦にもつれ込みそうです。

Img_4004

 海江田さんは党首の立場で公示後も全国のべ43か所の選挙区で遊説。地元で街宣できたのはわずか3日でした。対する自民党は敵将不在の第1区に集中砲火。閣僚をどんどん応援に呼び、最終日の13日は安倍首相が秋葉原に来て大演説会を行いました。

Img_3878

 もし海江田さんが敗れれば、野党第1党党首が小選挙区で敗れる最初の事例となり、求心力は一層落ちることでしょう。激闘をしっかり見届けたいと思います。

甲斐毅彦

2020年8月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.