ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

« ラーメン店探訪16 | メイン | 「縁の切り方」 »

2015年1月18日 (日)

民主党新代表に岡田氏

 ホテルニューオータニで行われた民主党代表選を取材して来ました。岡田克也代表代行が、細野豪志元幹事長と長妻昭元厚労相を破って新代表に。岡田さんが代表を務めるのは政権交代前の2004年年以来2度目となります。


 

Img_4884


 事前に行われた党員・サポーターと地方議員の投票結果に、会場で党所属の衆参両院議員と次期参院選の公認内定者の票を加算。298ポイントを獲得した細野氏が1位、294ポイントの岡田氏が2位、168ポイントの長妻氏が3位でした。過半数を獲得した候補者がいないため、上位2氏が決選投票へ。国会議員と公認内定者による再投票で、岡田氏が133ポイントを獲得し、細野氏の120ポイントを上回り、逆転勝利となりました。


 
 党創成期から幹部だった岡田さんの代表復帰には、どうしても斬新なイメージはなく、、再生を目指す民主党のイメージ刷新につながるかと言えば疑問です。個人的には、岡田さんが最も感銘を受けた本にドストエフスキーの「カラマーゾフの兄弟」を挙げていることに興味を持っています。人生の理不尽を描いた小説を岡田さんはどのようにとらえて感銘を受けたのでしょ...うか。
 今回の代表選は経験やほかの野党との維新などとの合流に慎重な姿勢が評価されたのでしょう。果たして自民党へ真っ向から対抗できる水準にまで勢力を伸ばすことができるでしょうか。
 
 

 岡田さんは決選投票前の5分間のスピーチで「私には原理主義者というニックネームがついている。人の話を最後まで聞かないとか、温かみに欠けるとかいうお声を頂いたりする。私自身も変わらないといけない」と自己批判も忘れずにしていました。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/235990/33130553

このページへのトラックバック一覧 民主党新代表に岡田氏:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

甲斐毅彦

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.