ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

« 海洋冒険家・白石康次郎さんの挑戦 | メイン | 真田丸と八王子城 »

2016年4月 8日 (金)

岡田有希子さんの事件から30年

 今日は私が中学生のときに大ファンだった歌手、岡田有希子さんの30周忌でした。佳桜忌と呼ばれる4月8日は、サンミュージックがあった四谷四丁目の現場にファンが自然に集まります。私も献花させて頂いてきました。  毎年この日になると私は15歳の時の「ユッコちゃんのぶんまで精一杯生きる」と決意したことを思い出すことにしていますが、やはりこの場に来て当時を偲ばせる数々の写真を眺めるとどうしても涙がこみ上げて来てしまいます。

Img_1301

 30年前の高校入学式の前日でした。中野区の自宅で第一報を聞いたのは午後1時のNHKラジオニュース。「岡田有希子さんが飛び降り自殺をしました」。無機質で、淡々としたアナウンサーの声を聞いて受けた衝撃は一生忘れることはできないでしょう。現実感は全くありませんでしたが、テレビをつけたらワイドショーで大騒ぎ。全身が砂になるような感覚とでも言いましょうか。しばらく身動きもできませんでした。

 我に帰ると、中野の自宅を飛び出し、自転車をこいで四ッ谷に向かいました。午後4時ごろ、現場につくとすでに多くのファンや報道関係者でごった返していました。泣き崩れてアスファルトに頬ずりする若者たち。私はその時は涙は出ませんでしたが、ヘタヘタと座り込み、日が暮れるまで佇んでいました。そして一人で自転車をこいで帰りながら涙がこぼれてきました。

   当時のワイドショー、週刊誌はこの話題で持ちきり。そして、残念なことに若者の後追い自殺が相次ぎ、社会問題となってしまいました。    私の場合は後追いしようとまでは思わなかったけど、やはり喪失感は大きく、高校入学後もしばらく放心状態が続きました。

 ユッコちゃんには芸能界入りを反対する両親を説得するために「①学校のテストで学年1番になること、②中部統一試験で学内5番以内になること、③第一志望の愛知県立の高校に合格すること」の3つの条件をクリアしたというエピソードがありました。ひたむきな努力で夢を叶えていくという女性でした。

    最近はもう女性タレントにはほとんど関心がなくなりましたが、中学生の時に熱烈なファンだったユッコちゃんだけは忘れることができません。 私が中学2年生だった1984年、デビューまもない彼女からよみうりランドでもらったサイン色紙が、今でも宝物として部屋に飾っています。レコード、アルバムはすべて持っていますし、当時の雑誌なども捨てられないまま残してあります。

 あの日からもう30年が経ってしまいました。

Photo

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/235990/33791745

このページへのトラックバック一覧 岡田有希子さんの事件から30年:

コメント

あの日の事は私も良く覚えています…。
甲斐さんととても状況似ています。
自転車であの場所に行ったのも。

甲斐さん、また採り上げて下さいましたね。

私はデビュー翌年に知り、そして今でもファンです。
南野陽子が週刊朝日(4月15日号「没後30年 追想・岡田有希子」)で、ユッコが今尚慕われている理由について「誰かと結婚したわけでもない、ファンを絶対に裏切らない、劣化しない永遠の18歳だからでは」と分析しています。
ユッコは期せずして“アイドルのイコン”となったわけです。

 metalicvさん、ありがとうございます!

 5年前の投稿でコメント、拝見しました。同じ思いを共有していただき、とても嬉しいです。私も事件後、「ヴィーナス誕生」を何度繰り返し聞いたことか。やはりファンの気持ちは同じですね。これからも胸の中で生き続けているユッコちゃんを大切にしていきたいですね。

 トトさん、ありがとうございます。
あの頃は逸見さんも第一線でご活躍されていましたね。私が第一報を聞いたのは、NHKラジオニュース。淡々と読み上げられる信じられないニュースに全身が凍ったことを一生忘れないと思います。

 通りすがりのさん、ありがとうございます。何年たってもあの戦慄は忘れませんね。私にとっては命の大切さを初めて考えるきっかけになりました。

初めまして。25年前に…の方にうっかりコメントしてしまいました💦そちらを読んでいただけたなら幸いです💦

初めまして。岡田有希子さんが自殺して、満30年になりましたね。岡田さんが自殺した当時の私は、中学1年生で、入学式が終わった翌日でした。たしか、「夕やけニャンニャン」を見ている最中に、平成5年(1993年)に亡くなった逸見政孝さんが、ニュース速報を読み上げていました。最初はデマかと思いましたが、真実だと知って、びっくりしました。私は、岡田さんが自殺したことがきっかけで、命の重さを痛感するようになりました。改めて、岡田さんのご冥福をお祈り申し上げます。

私も当時中学生でした。衝撃的なニュースでした。
記憶にあるのは、学校にある週刊誌を持ってきてみんなに見せていた子が没収されて怒られたこと。
現場の写真が載っていたようです。私は近寄ることもしませんでした。
それがきっかけで週刊誌というものを毛嫌いするようになった気がします。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

甲斐毅彦

2021年9月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.