ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

« 大盛況の銀座熊本館 | メイン | ラーメン店探訪25「モモンガ」 »

2016年4月22日 (金)

映画「スポットライト 世紀のスクープ」

  4月15日に公開された米映画「スポットライト 世紀のスクープ」を観てきました。
 2002年1月、ボストンの地方紙がものにした一大スクープ(2003年度のピュリツァー賞)を題材とした作品です。


 ボストンとその周辺で連続して起きていたカトリック司祭による児童性的虐待。4人の取材班が、権威を頼みに教会が組織的に隠蔽していたことを暴きだすストーリーです。
当事者から話を聞きだす困難さやウラが取れてパッと視界が開けるような展開にはリアリティーが十分にあり、新聞の存在感を感じさせる作品でした。
 ただし、私は新聞記者の原動力はあくまでも好奇心であり、必ずしも正義ではない(正義ならそれにこしたことはないけど)と思っています。映画だけに大分かっこよく描かれているなとは思いましたが、お勧めできる映画でした。

http://spotlight-scoop.com/

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/235990/33804449

このページへのトラックバック一覧 映画「スポットライト 世紀のスクープ」:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

甲斐毅彦

2018年12月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.