ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

« 2016年4月 | メイン | 2016年6月 »

2016年5月

2016年5月30日 (月)

「納豆文化の起源を探る」

  明治大学和泉キャンパスで開かれた、敬愛するノンフィクション作家、高野秀行さんの公開講演「謎のアジア納豆ー納豆文化の起源を探るー」に行って来ました。聞き手はソマリランドと室町時代日本の共通性を見出した「世界の辺境とハードボイルド室町時代」(集英社インターナショナル)の共著者、清水克行明大教授。「参加費無料」「事前予約不要」「学外者来聴歓迎」と三拍子揃った明大の懐の深さに感激しました。こんなに内容の濃い講演が無料で聴けるなんて、明大はいい大学ですね。

Img_8065

 

 講演内容は高野さんの最新刊「謎のアジア納豆 そして帰ってきた日本納豆」(新潮社)を受けての納豆文化論。2002年の西南シルクロードを探検中、ミャンマーのカチン州のジャングルで、納豆卵かけご飯を振る舞われたことから高野さんの納豆への探求は始まります。

 納豆の謎を解くための壮大な旅はタイ、ミャンマー、ネパール、中国へ。アジアに広がる多種多様な納豆文化と出合った高野さんは、日本が「納豆後進国」であることに気づく。そして旅は秋田県、岩手県へと帰って来るわけですが、そこでまた新たな発見があります。

 講演は本の内容に沿ったものでしたが、1週間ほど前に報じられた農水省による「納豆の国際規格策定へ」というニュースにも触れられました。

 日本の伝統食である「納豆」のブランドを守るため、農水省が全国納協同組合連合会とともに規格策定へ動き出したというニュースです。同連合は納豆を「蒸し大豆を納豆菌で発酵させたもので無塩。攪拌によって白濁し、特異の粘性物質が確認できるもの」と定義したとのこと。

 しかし、国内外の納豆を文化を取材してきた高野さんは「この定義は完全におかしい」と指摘。納豆は蒸すのではなく、茹でるのが一般的とのこと。蒸すのは技術を要するが、茹でれば意外と簡単に出来てしまうのだそうです。

Photo_2

 ひょっとしたらこの農水省の動きは、企業だけが「納豆」を作ることが許されるという「排他的納豆政策」なのではないか、と思いました。よりによって、アジ広域に存在する多種多様な納豆文化を紹介する書籍の出版と同時期にこんな動きが起こるなんて。もしこの動きが「納豆排他主義」につながるのならば私は反対です。

舛添要一と田中角栄

  かつてスポーツ報知で連載していた「月刊舛添」の担当者だった私は、こんなにもたくさん舛添さんの本を読んできたのに。どれも立派なことが書かれていますが、今読み返せば、どれも寒々しい限りです。「せっかく大臣になったんだからファーストクラスで海外というさもしい根性が気に食わない」だぁ?めくるめく揚げ足が取れるわけですが、それほど暇ではないので止めておきます。それにしても「月刊舛添」の取材謝礼は大変格安価格でやっていただきました。その点においては舛添さんには大変感謝しています。

Photo

 ところで世の中は今、田中角栄ブームだそうですね。石原慎太郎が書いた「天才」や「田中角栄 100の言葉」(別冊宝島)といった本が売れていると聞きました。確かに今は、中卒にもかかわらず、角栄のように人身掌握術に優れ、高級官僚の心をも掴んだという政治家はいないでしょう。しかし、国民が角栄型の政治に懲りて、「非角栄」的な政治家を望んで形成されてきたのが現在の政界です。ポスト角栄の竹下首相らが招いたリクルート事件後に、政治資金規正法が成立。政治家はお金を集めにくくなりました。

   竜宮城やら下着買いなどのせこい問題で槍玉に挙げられている舛添さんのような政治家が育ったのは、国民が角栄型の政治家を嫌った結果とも思えるのです。その一方で「人間はカネで動く」という信念を貫き、ロッキード事件で逮捕された後も、自動的に票が入った角栄のブームが起きているという現状には混乱してしまいます。要は世の中、ないものねだりなんでしょうね。

2016年5月29日 (日)

貴闘力関が講演。「ギャンブルは家庭崩壊を招く」

   野球賭博事件で日本相撲協会を解雇された苦い経験をもとにギャンブルなどの依存症カウンセラーとして活動している元関脇の飲食店経営・貴闘力忠茂さん(48)は29日、東京・北区で講演を行い、家庭崩壊を招くギャンブルの恐ろしさを話しました。

Img_80511

 一般社団法人「ギャンブル依存症問題を考える会」(田中紀子代表)が主催したこの日の講演のテーマは「依存症の家庭で育つ子どもたちを守ろう!」。冒頭で上映されたパチンコ依存症の家庭が荒んでいく短編映画「微熱」(小沢雅人監督)を見終わった貴闘力さんは「自分の子どもの頃を思い出してすごーく嫌な気持ちになった」と話しました。

 約130人の来場者の前マイクを握った貴闘力さんはギャンブル好きの両親に育てられ、父の借金がかさむと母がヒステリックになったことや、母に連れられて別居した後、両親が復縁する際になぜか父に10発以上殴られたことなど苦い体験を淡々と話しました。「ギャンブルにはまると余裕がなくなる。そして余裕がなくなると必ず負けるんです」。

...

 家庭から逃れるために角界入りしましたが、結局自身のギャンブルにはまり、引退後は野球賭博事件を起こし、解雇され、離婚を経験。長男で格闘家を目指す納谷幸男さん(21)とは最近取っ組み合いのケンカを起こしたことを明かしました。「息子は198センチあるけど振り回せるかと思ったら振り回された。2、3発殴ったら1発けり返されてカッとなったんだけど、よくよく考えたらオレも親と同じことをしてしまっているなあ」と苦笑いしながら振り返っていました。

 会場には夫が依存症で悩む主婦も来場。貴闘力さんは「1回(夫を)捨ててみたらどうですか。(夫は)一人になって気づく(目を覚ます)こともあります」とアドバイスを送っていました。ご自身の体験から出た言葉なんでしょうね。貴闘力さんは現在「すし力」「焼肉ドラゴ」など11店舗の飲食店を経営。お店ではギャンブル依存症で悩む若者を雇い入れてあげたりもしているのだそうです。

2016年5月28日 (土)

マック赤坂がリコール運動

  2014年の都知事選で落選したスマイル党総裁、マック赤坂氏(67)が、政治資金の公私混同問題で批判されている東京都の舛添要一知事(67)の辞任を求めてリコール運動を始めました。28日は、銀座三越前で都の有権者の署名を集めていました。ただし、都の選挙管理委員会に確認したところ、30日現在、リコール運動の申請は1件あったが、まだ審査中とのこと。現時点で署名をしても無効となります。

Img_80191


 「焼き鳥屋でビールを飲みながら舛添辞めろと言っていても何も変わらない。都民の力で辞任に追い込みましょう。自公が過半数を占める都議会はあてにならない。ヤツらは舛添を守るでしょう。私自身が選挙に出たいからやっているわけではない」とマック氏。


  地方自治法81条では「長の解職請求(リコール)」を定めており「選挙権を有する者の3分の1以上」と定めていますが「総数が40万を超えるときは、40万を超える数の6分の1と40万の3分の1を合計した数以上、80万を超えるときは、80万を超える数の8分の1と40万の6分の1と40万の3分の1を合計した数以上」と定められています。


 東京都の場合、選挙管理委員会発表の総有権者数はは前回都知事選の2014年2月現在で1068万5343人だったため「80万を超える」が適用され、約150万人の署名を集める必要があります。期間は代表者が選挙管理委員会に届け出た当日から2か月以内。請求が有効ならば、請求から60日以内に住民投票が行われ、有効投票数の過半数が解職に賛成すれば舛添知事は失職となります。

 マック氏は申請が認められて以降、150万票を集める必要があります。


 

2016年5月27日 (金)

「後楽そば 有楽町店」最後の夜

 JR耐震補強工事のため、閉店が決まった東京のJR有楽町駅前の時間営業の立ち食いそば店「名代 後楽そば 有楽町店」が27日、最終営業日(28日午前7時で閉店)を迎えました。夕方には20人前後の行列ができ、お持ち帰り用にも別の列が出来ています。ほとんどの人が注文したのは看板メニューの「焼きそば」(380円)。都心でいつでも食べられる屋台風の味が人気でした。

Img_80061


 

 私も食べ納めということで焼きそばにコロッケと載せていただきました。お客さんは口々に「どこかで営業を再開して欲しい」と話しながら焼きそばを記念撮影していました。店長の服部さんには、とてもゆっくりお話をうかがえる状況ではありませんでしたが、焼きそばを焼きながら「お客さんが皆やさしい。長年ありがとうございました」としみじみ話していました。40年間お疲れ様でした。昭和の灯火がまた一つ消えていきます。

Photo

2016年5月25日 (水)

「ストーカー加害者 私から、逃げてください」

 新刊「ストーカー加害者 私から、逃げてください」(田淵俊彦・NNNドキュメント取材班、河出書房新社、1512円)を読みました。

 埼玉県警が失態をみせた桶川ストーカー事件を受け、2000年にストーカー規制法が施行されましたが、それ以降もなぜ凄惨なストーカー事件は繰り返されるのか。5月21日には、アイドル活動をしていた20歳女性が小金井市で被害に遭ったばかりです。

   本書はTVドキュメンタリーのディレクターが加害者たちを取材した書下ろしノンフィクション。田淵さんは加害者と向かい合う中で、彼らが「加害者」ではなく「被害者」という意識持ってしまっている事実を知ります。若者たちの間で増えている「束縛するのが愛だ」という考え方を持つストーカー予備軍にも言及されています。

Photo_3

基本ラーメン700選(33)希望軒ブラック

  「希望軒 新宿3丁目店」(東京都新宿区新宿3丁目7の3)の希望軒ブラック(780円)。荻窪・阿佐ヶ谷を拠点とするラーメニストの内藤さんが紹介していたので、訪ねてみると自分も2年ぐらい前に行ったことがある店であることに気がつきました。兵庫県姫路発祥のラーメン。黒い醤油スープは鶏がらでダシをとったもの。ところでブラックラーメンと言えば冨山を思い出すのですが、こちらとどちらが先なのでしょうか。

Photo

2016年5月23日 (月)

ドクター・中松氏、舛添都知事に辞任迫る。

 2014年の都知事選に出馬して落選した発明家のドクター・中松さん(87)が23日、東京・有楽町の日本外国特派員協会し、公金の公私混同問題で批判されている舛添要都知事(67)に「良識があるなら辞めるでしょうね」とやんわりと辞任を迫りました。

Img_78821

 

 

  この日は地震シェルターの発明と「前立腺導管がん」の病状経過報告が本題だったが、記者からの質問を受けて、2014年の都知事選で舛添氏に敗れたことを思い出したようです。「私は清廉潔白でお金にはノータッチ。家系は直参旗本。私ではなくああいうカネまみれの人が投票されるおかしな世の中になってしまっている。私が都知事になればお金の話は叩いても出て来ない」と苦言。舛添氏は211万2979票で当選、中松氏は6万4774票で6位でした。  ドクターは、約2年前に発覚した前立腺導管がんで医師からは「2015年末までの命」と余命宣告をされていましたが、独自に開発したがん撲滅方法を実践して、リミットをクリア。現在は経過観察中で、自身の歳の誕生日となる6月26日を無事に迎えられれば、完治とみなす、としています。

 舛添都知事が、辞職となればその頃には都知事選モードになっている可能性もあります。ドクターは「今は治療に専念している。来月まで生きていられるか分からない。6月26日には棺おけに入っているかもしれない。生き延びれば次は東京都を治療するということもあるかもしれない」と出馬をほのめかしました。

 ちなみに本題だった地震シェルターは「アースク(EARTHQUE」なるもので三角形の形状。一人用から住居の大きさまで設計が可能なのだそうです。材質は鉄、炭素繊維、紙の3種。紙でもシェルターとして機能するのだそうだ。中松氏は「三角形は力学的、光学的に絶対安全な構造物。この地震シェルターに入れば絶対安全だ。これで苦しんでいる熊本の人たちをお救いしたい」。発明は愛なんですね。

Img_7884

有楽町の後楽そばが店じまい

 長年、サラリーマンたちに愛されてきた、東京のJR有楽町駅前の時間営業の立ち食いそば店「名代 後楽そば 有楽町店」が、JR耐震補強工事などのため立ち退きとなり、27日で閉店します。立ち食いそば店では珍しい「焼きそば」(380円)が人気メニュー。愛用してきたファンからは「営業を続けて欲しい」などと惜しむ声が相次いでいます。

Img_7868

 

 店長の服部敏昭さん(57)によれば、有楽町駅の銀座口側に「後楽そば」ができたのは約40年前。服部さんは18歳だった1976年から新宿店(閉店)で働き始め、田町店(閉店)などを経て、80年代前半に有楽町店に来ました。当時の店舗は現在の日比谷口と反対側の銀座口。「有楽町マリオンが出来た頃(1984年)のにぎわいが思い出です。いつもお客さんが入りきらない状態でした」

 バブル期に深夜帰りのサラリーマンや客待ちのタクシー運転手たちに愛された後楽そばが時間営業になったのは必然でした。バブルがはじけた年代以降も「焼きそばが食べられる立ち食いそば店」の人気は衰えませんでした。

Img_7851

 

  銀座口の店舗は区画整理のため、2003年に一時閉店。年3月に現在の高架下に移り、再オープンしました。だが、2020年東京五輪パラリンピックの招致が決まった2013年頃に耐震補強工事を行うことが決定。服部さんは「空き店舗が見つかれば再開するかもしれませんが、今のところは未定です」と話しています。本社の後楽本舗が経営する店は現在渋谷と新橋にあり、服部さんはどちらかに移ることになりそうです。

 後楽そばは著名人でもファンは多かったのですが、有楽町のニッポン放送でレギュラー番組を持つ経済アナリストの森永卓郎さん(58)は後楽そばの常連客の一人。閉店を知ると「えっ なくなるんですか。ライザップでダイエットを始めて炭水化物を絶ったため、しばらく行っていなかったんですが…」と絶句。

 森永さんは「私はいつも焼きそばにいなり寿司のセット(520円)。自由に取れるそば・うどん用のネギを焼きそばとスープの上にてんこ盛りにしても、お店の人はいつも見て見ぬふりをしてくれました。なくなってしまうのなら最後にもう一回行かないとなあ」と嘆いていました。

Photo

2016年5月21日 (土)

基本ラーメン700選(32)竹末東京プレミアム

   2年前に訪問してラーメンだけでなく、店そのものの味わい深さに感銘を受けた「竹末東京プレミアム」(東京都墨田区業平5-14-7)を再訪。「ヤシオマス(ニジマス)の塩そば」(880円)。ライブ感覚を命にしている店なので、カウンター越しに目の前で一品一品を丁寧に盛り付けしていきます。塩タレを入れ、ヤシオマスのエキス、湯切りした麺、チンゲンサイと続き「穂先メンマです」「牛バラ燻製です」「低温調理豚モモです」「牛モモロースとです」と説明し、最後にネギ、カイワレ、玉ネギを載せて出してくれました。

Photo_3

 この魂のこもった仕事ぶり。店主は矢沢永吉に心酔しているようで、店内にはいつも永ちゃんの曲が流れています。店のコンセプトはライブ感覚でラーメンを。その味はグレート! ヤシオマスの塩そばは川魚のかなり独特の味がするので、初めての方には醤油そばか塩そばをお勧めします。思わず「グレート!」を声を出しそうになること請け合いです。食べ終わった後も「麺の硬さ大丈夫でしたか」「塩加減大丈夫でしたか」と笑顔で問いかけてくる兄ちゃん。とにかく素晴らしい店だ。必ずまた行こう。

甲斐毅彦

2020年8月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.