ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

« 基本ラーメン700選(36)食堂七彩 | メイン | 悲しい舛添さん »

2016年6月 5日 (日)

谷川岳

 10数年ぶりに母校、立教大の山岳部谷川岳合宿に帯同して来ました。立教に入れば、もっと楽しいサークルはいくらでもあるだろうに、あえて山岳部に入ってくれてありがとう。1936年に日本初のヒマラヤ遠征を実現した伝統の命脈は保たれています。

Img_8101

   

 谷川岳には高校山岳部の頃から数えて20回以上来ていますが、土合橋から北へ登って行く白毛門(1720m)には今回初めて登りました。谷川から一ノ倉にかけての全容が見える絶好のビュースポットですね。急登続きなのでトレーニングにもなるし、沢、岩稜の概念を覚えるのにも最適です。現役のみんなが作ってくれたぺペロンチーノがうまくてびっくり。私が苦労して運び込んだ西瓜も喜ばれて良かったです。

Img_8109

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/235990/33847273

このページへのトラックバック一覧 谷川岳:

コメント

甲斐さん、ご無沙汰しております。
お元気そうで何よりです。

余裕がなく、甲斐さんのブログを拝見するのは本当に久し振りなのですが、甲斐さんが後輩のみなさんと谷川岳に登ったという記事を拝見、単独行で南アルプスを縦走していた頃を懐かしく思い出していました。

(現役の学生と一緒に登れるのは驚異!!なので、私の場合は)麓から眺めるだけで良いので、無性に山に行きたいです。

この度は、舛添先生の醜聞で世間をお騒がせし、申し訳ありませんでした。
甲斐さんの残念なお気持ちはもっともだと思うので、たいへん申し訳なく感じています。
ただ、今、世界が大きく変わろうとしており、産みの苦しみという部分もあるのかなという気がしています。

甲斐さんにはお話ししていなかったかもしれませんが、あの参院選の前年の11月に子供を2人亡くしました。
それから7年。
私にできるやり方ですが、今日までひたすら闘い続けました。

かねてから思っていることなのですが、いつか山の中で、娑婆のしがらみから自由に甲斐さんと語り明かして見たいものだと思っています。

海治広太郎 拝

先輩、こんにちは。
コメントありがとうございます。
先輩のところみたいな名門でも、そんなジリ貧状態なんですね。

うちは2年前の事故がようやく落ち着き、活動を再開し始めたところです。現役の子たちは皆、まじめですが、なかなかOBが指導にいけないのが残念です。

新人歓迎ですか?
私のところは5月に八海山で新人歓迎が恒例です。私も酒飲みに参加しました。
しか~し、この時の唯一の1年生が、先日退部しました。3年1名、2年1名、計2名のジリ貧です。

谷川岳はしばらく行っていません、今年は行ってこようと思います。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

甲斐毅彦

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.