ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

« 政界を目指すアーティスト&ジャーナリスト | メイン | 石田純一が東京の「顔」に? »

2016年7月 3日 (日)

映画「日本で一番悪い奴ら」

 2002年7月、北海道警の警部が、覚醒剤取締法違反と銃砲刀剣類所持取締法違反で逮捕された日本警察史上、最大の不祥事「稲葉事件」を題材にした綾野剛主演の映画「日本で一番悪い奴ら」(白石和彌監督)を新宿バルト9で観て来ました。

 主人公は大学柔道部で活躍して道警に拝命し、機動捜査隊に配属された諸星(綾野剛)。先輩刑事から「犯人を挙げて点数を稼げ」と諭された諸星は、裏社会に入り込みS(スパイ)を得ることで、目覚しい拳銃摘発の成果を挙げていきます。しかし、上司からの無理な要請に応えるため、暴力団との癒着、違法捜査、覚醒剤密売へと手を染め、ドツボにはまっていきます。

 諸星のモデルとなったのは、元道警警部で、本作の原作「恥さらし」の著者、稲葉圭昭さん。映画化する上で「味付け」はされていると思いますが、事実に基づいて描かれています。主演の綾野剛は、1970年代後半の探偵ドラマ「俺たちは天使だ!」に主演していた沖雅也をきな臭くしたような感じで、味わい深い好演を見せています。 

Photo_2

 私は2011年に「恥さらし」が発売されたときに札幌で稲葉さんを取材。直接ご本人から壮絶な物語の背景をお聞きしました。まさに事実は小説より奇なり。これまで見てきた刑事ドラマが安っぽく感じるほどの話を聞き、衝撃を受けました。これまでにも警察の実態を知るためにはまずノンフィクション作品としての「恥さらし」を読むべきだと勧めてきましたが、まさか5年後にエンターティメント映画になるとは想像していませんでした。

 稲葉さんも映画化には全面協力されて、綾野剛さんともお会いしたそうです。不覚にも私は気がつかなかったのですが、実は稲葉さんご本人も映画の中で一瞬だけ出演されています。

 上映後には白石監督と高級クラブのホステス役を演じた矢吹春菜さんのトークショーがありました。綾野さんとの大胆な濡れ場があるのですが、白石監督によればトークショーの中で台本にはセックスシーンはなかったとのこと。「綾野君とどうするか話していたら『俺、セックスしたい』と」。上映後の暴露話は映画に劣らぬほどの衝撃でした。

http://www.nichiwaru.com/

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/235990/33873691

このページへのトラックバック一覧 映画「日本で一番悪い奴ら」:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

甲斐毅彦

2018年6月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.