ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

« ナイロビのグルメ事情 | メイン | 「未来国家ブータン」 »

2016年11月26日 (土)

ナイロビの旅 カレン・ブリクセン博物館

 ナイロビ市中心部から車で約30分、カレン・ブリクセン博物館を訪ねました。カレン・ブリクセンとは、ロバート・レッドフォード主演の映画「愛と哀しみの果て」の原作「アフリカの日々」を書いたデンマークの女流作家アイザック・ディネーセンの本名。1917年から31年までカレンが生活したコロニアル風の邸宅がそのまま博物館になっています。

Img_2245

 

  到着すると、レベッカという女の子のガイドさんが、マンツーマンで英語ガイドをしてくれました。

Img_2228_2

 

 カレンはケニアの植民地時代に大農園を経営。その日々の経験を描いた自伝的作品が「アフリカの日々」です。夫から性病をうつされてしまうなど散々な目に遭ったカレンは、アフリカを自身の「再生の地」と捉えていたとのこと。作品の中では、詳らかにアフリカ人を観察した様子が描かれていますが、やはり無意識的な上から目線があったのでしょうか。何度もノーベル文学賞候補に挙がっているケニア人作家のグギ・ワ・ジオンゴはカレンを「人種差別的伝統に属するヨーロッパ人作家」と切り捨て「野生の動物とむき出しの自然を享楽し、アフリカ人を動物イメージで捉えている」と批判しています。私もいずれ作品を味読した上で、判断したいと思います。

Img_2243

 

 確かに邸宅の庭は、広大でやはり白人による支配力の強さを感じさせられるのも事実です。庭で咲き誇るブーゲンビリアが美しかったです。

Img_2238

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/235990/34009495

このページへのトラックバック一覧 ナイロビの旅 カレン・ブリクセン博物館:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

甲斐毅彦

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.