ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

« 「世にも美しき数学者たちの日常」 | メイン | 「極夜行前」 »

2019年5月22日 (水)

「竜之介先生、走る!」

 動物を専門とするノンフィクション作家、片野ゆかさんの新刊「竜之介先生、走る」(絵・高倉陽樹、ポプラ社)を読みました。2016年4月に発生した熊本地震で、ペットと一緒に生活できる避難所がない中で、自身の動物病院を、それまでに前例のなかった「ペット同伴避難所」として開放し、多くのペットと買い主を救った獣医師、徳田竜之介さんを描いたノンフィクションです。

Photo

  一定数の国民が犬や猫を家族として暮らしている中で、2011年3月11日の東日本大震災の時に課題の一つとして挙がったのが「ペット防災」でした。被災地に置き去りにされた被災ペットの存在が大きな社会問題となり、動物保護への社会意識が高まる転機となりました。

 ただし、課題として多くの人が認識するようになったとはいえ、実際に解決に向けて行動できる人というのは、本当にごくわずかでしょう。3・11の5年後に発生した熊本地震の時に、解決に向けて尽力したのが「竜之介先生」でした。

 本書は児童書なのですが、筆者が第一線でのノンフィクションの書き手とあって、例えば手術の様子の描写ひとつとっても、細部まで描かれており、綿密な取材の成果であることが伝わって来て、大人にとっても十分に読み応えのある作品になっています。

 昨年、片野さんが、犬の平成史とも言える「平成犬バカ編集部」(集英社)を出版された時に、インタビューさせて頂いたのですが、強く印象に残った言葉があります。


 「災害時にどう動物たちを保護するか。それを考えられる社会であるならば、子ども、高齢者、障がい者という]弱者が見捨てられることはない」

 今回の新刊では、その言葉の意味を再確認し、動物のために実際に行動している人物がいるということに感動しました。小さいお子さんがいる方には是非親子でお勧めしたい一冊。きっと温かい気持ちになれると思います。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/235990/34179693

このページへのトラックバック一覧 「竜之介先生、走る!」:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

甲斐毅彦

2019年8月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.