ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

« 映画「記者たち 衝撃と畏怖の真実」 | メイン | 「竜之介先生、走る!」 »

2019年5月16日 (木)

「世にも美しき数学者たちの日常」

 幻冬舎の新刊「世にも美しき数学者たちの日常」(二宮敦人著)を読みました。世の中の役に立っているのかどうかさえ、我々門外漢には良く分からない数学を日々研究している人たちは、どれだけ「変わり者」なのでしょうか。16万部のベストセラーになった「最後の秘境 東京藝大」(新潮社)の著者、二宮敦人さんによる「誰でも行けるけど、誰もよく知らない秘境」の探検第2弾です。

Photo

 

 

 

 上野動物園の横にある東京藝大の「秘境」ぶりにも驚かされましたが、数学者たちの日常も、私たちの想像が及ばない世界でした。「問題を解くことではなく、作ることが大事」「数学は芸術に近いかもしれない」と主張する学者さんや、数学教師とお笑い芸人の二刀流、タカタ先生など、とっても不思議な人物が続々と登場します。

 読んで分かったのは、中学や高校の時に無理やり答えを解かされていた「数学」は本当の数学ではないということ。もう一つは、数学は主観の入り込む余地がない学問だというのが誤りだったということです。言語でもあり、芸術でもあり、エンタメでもある数学が「客観的」であるはずがありません。また、数学者にして仏教信者だった岡潔(故人)について言及されている点も興味深かったです。

 著者の二宮さんは「東京藝大」を出版された時に、私が秋葉原でインタビューさせて頂いたのですが、一橋大経済学出身の文系インテリなのに、理系的なセンスがある方だな、という印象を持ちました。「高校時代の愛読書は何ですか?」とお尋ねしたところ「うーん、ブルーバックスとかですかね」と、講談社が出版している自然科学の新書シリーズを挙げられたのをよく覚えています。そういえばフィクションの著書には「最後の医者」シリーズというのも出されています。  

 本書の中で登場する編集者の袖山さんは、エッセイストの宮田珠己さんの傑作「晴れた日は巨大仏を見に」の中でも登場し、いじられ役として作品を引き立てた名編集者。数学という知的迷宮においても、その役割が果たせるのですから、もう脱帽です。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/235990/34179041

このページへのトラックバック一覧 「世にも美しき数学者たちの日常」:

コメント

二宮さん、ありがとうございます!

 直接コメントをいただけるなんて感激です。

 今後も作品を楽しみにしております!

ご紹介ありがとうございます!二宮敦人です。
先日は大変お世話になりました。
今回の本のご紹介も誠にありがとうございます。
引き続き、頑張って参ります!

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

甲斐毅彦

2019年7月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.