ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

« 「孤塁 双葉郡消防士たちの3・11」 | メイン | 「一投に賭ける 溝口和洋、最後の無頼派アスリート」 »

2020年4月30日 (木)

「オリンピック・マネー」

文春新書の新刊「オリンピック・マネー 誰も知らない東京五輪の裏側」(後藤逸郎著)を読みました。

 天文学的な数字にまで上がってしまった放送権料、スタジアムなどハコモノを造る巨額建設費、どこまでも膨れ上がる大会経費と国・都市の予算…。「平和の祭典」にはどこまでもカネの話がつきまとってきます。

 本書は週刊エコノミストの元編集次長の著者が、五輪の歴史から遡り、IOCの不透明な経理、放送権料、スポンサー事情など「カネ」の観点から五輪をひもといた好著です。

 最大の読みどころは、神宮外苑再開発の真相に迫った最終章でしょう。東京五輪開催を受けて新国立競技場建設のために再開発が進められたと思われがち
ですが、実は五輪招致が決定する以前からこの地域の再開発へ向けての準備は水面下で進められていた。著者が入手した内部文書の機密情報を使って、その知られざる過程を描き出しています。

Photo

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/235990/34207461

このページへのトラックバック一覧 「オリンピック・マネー」:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

甲斐毅彦

2020年5月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.