ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

« 「ゼロから理解するITテクノロジー図鑑」 | メイン | 「苦しみのない人生はないが、幸せはすぐ隣にある」 »

2020年9月25日 (金)

「ロレンスになれなかった男 空手でアラブを制した岡本秀樹の生涯」

 新刊ノンフィクション「ロレンスになれなかった男 空手でアラブを制した岡本秀樹の生涯」(小倉孝保著、角川書店)を読みました。

 岡本秀樹とは1970年代に中東、アラブ諸国で空手の普及の生涯を捧げた知る人ぞ知る武道家。本書は新聞社のカイロ特派員時代に岡本と知り合い、交流するようになった著者が、当時の国際情勢を交えて型破りな空手家の生涯を綴った評伝です。

Photo

 その破天荒な人物像は、序章で綴られたエピソードで伝わって来ます。当時まだ空手がまったく普及していなかったシリアで、酒に酔った岡本は、恨みの募った日本の外交官が所有していると信じていた日産ブルーバードの窓ガラスを蹴って破壊。駆けつけた警官3人のアゴを回し蹴りで叩き割り、さらに駆けつけた機動隊員たちと大立ち回りを演じます。

 器物損壊、傷害、公務執行妨害。逮捕の末、強制送還になって当然の一件ですが、この乱闘によってシリアで「空手は実戦で使える」という評判が広まり、国家の指導者お墨付きの空手指導者としての地位を確立したというのです。

 出来過ぎというか、2倍にも3倍にも盛られた逸話のようにも思いますが、新聞社で欧州総局長や外信部長を務めた著者が、そんなデタラメを書くわけがなく、読み進めるにつれて、読み手は引き込まれ「この男ならやりかねない」と確信していくでしょう。

 タイトルの「ロレンス」とは、オスマン帝国からのアラブ独立闘争を指導した実在の英国陸軍将校を題材とした映画「アラビアのロレンス」の主人公。岡本はこの映画を観て、中東を目指し、空手を通じて、アラブ民族に自立への誇りと現地の活気をもたらすために力を尽くしていきます。

 その生涯は波乱万丈というひと言で言い表してしまうのが適当とは言えないほど激烈でもあり、人間臭くもあり、こんな人物がいたのか、と唖然としてしまうほどでした。

 やはり思わざるを得ないのは、日本企業の国際的な競争力が失われ、衰退の一途をたどっている今、一昔前にはこんなパワフルな男が存在したのか、ということです。

 「岡本秀樹」の名は、空手関係者以外にはほとんど知られていないかもしれません。こんな男がいたことをもっとたくさんの方が知っても良いのではないか。そんな思いで、この第一級のこのノンフィクション作品をご紹介させて頂きました。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/235990/34216962

このページへのトラックバック一覧 「ロレンスになれなかった男 空手でアラブを制した岡本秀樹の生涯」:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

甲斐毅彦

2020年10月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.