ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

« 「相撲道ーサムライを継ぐ者たちーSUMODO」 | メイン | 「オンラインでズバリ伝える力」 »

2020年11月 5日 (木)

「そこにある山 結婚と冒険について」

 探検家・作家の角幡唯介さんの最新刊「そこにある山 結婚と冒険について」(中央公論新社)を読みました。これまでの自身の冒険的探検を振り返りつつ「人はなぜ山に登るのか、なぜ冒険(探検)をするのか」を論理的、哲学的に考察した思索的エッセイです。

 もしこの本が読者にとって初めて手に取る角幡作品であるならば、恐らく抽象論に終始した意味不明の一冊になってしまうでしょう。この本は太陽が昇らない北極を探検した代表作「極夜行」などを読み、その唯一無二の世界を覗き見た上で読んだほうが良い。というか、そうするべきでしょう。「極夜行」を読んだ上でなお「それでもなぜこんなことをするのだろう」と沸き起こる疑問に、答えた作品と言えると思います。

Photo

 

  「なぜ山に登るのか」。ジョージ・マロリーがエベレスト初登頂を目指した時代から繰り返されるこの問を角幡さん自身も繰り返し受けてきたわけですが「どう答えてもウソくさくなる」と言っています。マロリーが「そこに山(エベレストを指す)があるから」と答えたのは、恐らく投げやりだったはずで、明確になど答えようがないのでしょう。太平洋をヨットで単独横断した堀江謙一さんもやはり同じで「わたりたいから、わたったんですよ、としか言いようがない」と答えているのを覚えています。

 明確な答えがないこの問いかけを主題とした論考は、私が大学山岳部にいた1990年代ぐらいまでは、京大探検部の創設者でもあるジャーナリスト・本多勝一さんによる冒険論がスタンダードでした。未踏峰、前人未到だからこそ、その地に駆り立てられる、という捉え方です。

 ただ、地理上の未踏地帯というのは地球上には、ほとんど残されてなく、あるとしてもグーグルアースでその態様を知り得る時代になってしまいました。それでも探検を求めるならば、「地理上」ではなく、人間が作り上げた「システム」から脱することだというのが、角幡さんの捉え方だと理解しています。

 それならば本多さんの冒険論を刷新する必要があり、この本での考察は、その試みでしょう。ハイデガーや中動態という聞きなれない概念など難解なものを引っ張り出しているのは、探検が「前人未到」という分かりやすいもので語れなくなった以上、必然的であるようにも思います。

 本書は、探検家である角幡さんが「なぜ結婚をしたのか」という「愚問」への答えを探すことが端緒となっています。結論を言えば「結婚とは事態である」と。うーむ、「事態」ですか…。本書を読むと角幡さんの奥様も「何よ、それ」という感じのようですが、これが腑に落ちるようになるのは、私も少し時間がかかりそうです。

 もしかしたら角幡さんは時代を先取りしすぎているのかもしれない。いずれは結婚披露宴などでも「この度は、このような事態となり…」と挨拶するのが通例となる時代が来るような気もします(来ないか)。

 私なりの理解では、自力による厳しい修行に取り組んでいた禅僧がある日、自力ではどうにもならない大きな力によって己が動かされていることを悟る。そんな感覚に少し近いような気も…。角幡さんが切り開く探険思想の世界は、これ自体が「脱システム」なのでしょう。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/235990/34219784

このページへのトラックバック一覧 「そこにある山 結婚と冒険について」:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

甲斐毅彦

2020年12月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.