ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

« 「オンラインでズバリ伝える力」 | メイン | 「エンド・オブ・ライフ」 »

2020年11月14日 (土)

「いつの空にも星が出ていた」

 漫画化、ドラマ化された傑作「一瞬の風になれ」で2007年の本屋大賞を受賞した佐藤多佳子さんの新作「いつの空にも星が出ていた」(講談社)を読みました。

 一つのプロ野球球団を軸に、こんなにも広く、温かく、かつ爽やかに物語を展開できるとは。さすがの筆力は圧巻でした。題材となったベイスターズのファンはもちろんですが、野球に興味がない方が読んでも感動することは請け合いです。

 個人的にはマシンガン打線で日本一になった1998年を思い出させる「パレード」が最も印象に残りました。

Photo

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/235990/34220380

このページへのトラックバック一覧 「いつの空にも星が出ていた」:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

甲斐毅彦

2020年12月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.