ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

« 「実像 広島の『ばっちゃん』中本忠子の真実」 | メイン | 「冬の狩人」 »

2020年11月26日 (木)

プロ登山家・竹内洋岳さんの新たな挑戦

プロ登山家の竹内洋岳さん=ハニーコミュニケーションズ=が25日、客員教授を務める母校・立正大学(東京都品川区)で開催された「データサイエンス学部」新設の記者会見に出席し、「データ社会の新時代を登山の進化から読み解く」と題してトークセッションを行いました。
 来年4月に熊谷キャンパスに新設されるというこの学部は、ビジネスや世の中を変えるような新しい仕組みを生み出す「価値創造」を目指す学部。なんだか山登りとは関係なさそうですが、さにあらず、なのです。

Img_0531

 
 1924年にエベレスト初登頂を目指して遭難した英国の登山家、ジョージ・マロリーの衣装で登壇した竹内さんは「古臭い衣装と思われがちですが、当時はこのすべてが最先端だったんです」と解説。百年前の1920年代の登山は、当時の最先端の技術を使っていた。ならば、2020年代の登山も、今の最先端テクノロジーを使って登るべきではないか。これが、竹内さんの登山に対する価値観であり、プロ意識であると言って良いでしょう。
 これまでも竹内さんは、カシオ計算機が生み出した登山用腕時計「PROTREK」を愛用。「人間が到達できる最も過酷な環境」である8000メートル峰で使用することにより、カシオの開発担当者の牛山和人さんとともに時計の機能を進化させて来ています。一緒に登壇した牛山さんは「最初のPROTREKを竹内さんに酷評されたことが、(開発の)原動力でした」と振り返っていました。
 トークの中で、司会者から「登山の価値を高め、それを社会にどう結び付けていくか」と問われると、竹内さんは「難しい質問ですね…」と苦笑いしてから、こう答えました。
 「逃げることのできない大きな課題です。(登山や冒険の)先輩方はそこにもがいてきた。ヴァスコ・ダ・ガマがヨーロッパからインドへ航海することで新しい航路が発見されたし、北極や南極を探検することで新たな学術がもたらされた。現代は何ができるのか。それを見つけ出すのが、私の役割だと考えています」
 竹内さんが、思わず正直に「難しい」ともらしたとおり、登山や冒険を「社会に役立たせる」ほど困難なことはないでしょう。
 「なぜ山(エベレスト)に登るか」と問われて「そこに山(エベレスト)があるからだ」と答えたマロリーも、社会的意義よりも「行きたい」という気持ちが大きかったのではないでしょうか。ヨットでの単独太平洋横断に成功した堀江謙一さんも、理由を尋ねられて「行きたいから行ったんですよ、としか言いようがない」と答えていましたが、同じことだと思います。登山や冒険では、社会的な意義は考えない場合のほうが、むしろ自然なのではないでしょうか。
 そう考えると、竹内さんのこの挑戦こそが人類にとっての「未踏峰」なのかもしれません。竹内さんの「山の標高は変えられないが、山の価値を高めることはできる」という言葉を聞いて、そう思いました。

Img_0536

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/235990/34221130

このページへのトラックバック一覧 プロ登山家・竹内洋岳さんの新たな挑戦:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

甲斐毅彦

2021年12月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.