ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

« 「草原の国キルギスで勇者になった男」 | メイン | 「わたしは分断を許さない」 »

2021年1月26日 (火)

「アルツハイマー征服」

 1月8日に発刊された最新ノンフィクション「アルツハイマー征服」(下山進著、角川書店)を読んだ。

 人物評伝、事件、企業、旅…とノンフィクションのテーマは無限にある。だが、医療やサイエンスをテーマにした作品となると、パッと思い浮かぶのは「脳死」や「臨死体験」などを書いた立花隆さんの作品ぐらいで限られている。しかもテーマが最新であり、なおかつ傑作となれば、ごくわずかだと思う。

 その一番の理由は、書き手の前に立ち塞がる「専門性」という壁ではないか。単純に宇宙や医療などの話に興味を持つことは誰でもできるが、門外漢が踏み込んでいくのは簡単なことではない。膨大な量の科学論文(多くは英文)を読みこなし、それをかみくだいて、

Photo

読者に伝える能力が、最低限必要になるからだ。

 「アルツハイマー征服」は、記憶や運動機能などが低下し、長年不治の病とされて来た神経疾患「アルツハイマー病」の克服を目指して来た研究者、医師、患者たちの闘いを描いたノンフィクション。日、米、欧の当事者たちを直接取材し、まとめ上げた一冊は、米国のジャーナリスト、ハルバースタムのノンフィクション作品を彷彿とさせるほどのスケールの大きさだ。

 著者の下山進さんは、2019年に出版された「2050年のメディア」(文藝春秋)で、報道のインターネット化、デジタル化が進む中でその進路を模索する新聞業界の現状を描き出したノンフィクション作家。大学で講座を持つメディア論の専門家ではあるけれど、医療の専門家ではない。このテーマで書こうと思い立ったのは2002年だったとのことなので、足掛け19年。出版社での管理職なども経験しながらも、追い続けて完成させた並みの情熱ではないだろう。

 もちろん一般書ではあるが、やはり医療の専門用語が多いので、歯ごたえはある。ワクチン療法の項目で、高校生物で習った「抗原抗体反応」なる用語が出てきた時には、私も思わず懐かしい学習参考書の「チャート式」を引っ張り出して参照してしまった。また取材が広範囲に渡るだけに登場人物も多い。その多くはカタカナ名なので、ロシア文学を読むときにありがちな混乱を防ぐため、登場人物名は整理しながら読み進めることをお勧めしたい。

 骨太な一冊を読み終えて感動が残るというのは、何とも言えぬ充実感で、これこそがノンフィクションの醍醐味だ。それが味わえるのはテーマが医療でありながらも、描かれているのが人間であり、その一人ひとりに潤いを感じるからだろう。

 読み進めながら知ったことだが、本書に登場する根本治療薬「アデュカヌマブ」は、米国食品医薬品局(FDA)が3月7日までにその承認可否の判断を下す見込みなのだという。そのタイミングに合わせることができる腕力も圧巻だ。2021年を代表するノンフィクションとなることは間違いない。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/235990/34224631

このページへのトラックバック一覧 「アルツハイマー征服」:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

甲斐毅彦

2021年6月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.