ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

« 「下山の哲学 登るために下る」 | メイン | 「真夜中のカーボーイ」 »

2021年2月10日 (水)

「オードリー・タン デジタルとAIの未来を語る」

 「IQ180」の頭脳で注目を集める時代の寵児、オードリー・タン(唐鳳)の「デジタルとAIの未来を語る」(プレジデント社)を読みました。

 新型コロナウイルスの封じ込めに、成功した台湾と言われる台湾で、その中心的な役割を担ったのが、史上最年少閣僚となったこの人物。日本でも注目度が高まってきたテクノロジー界の異才が、コロナ対策成功の秘密、デジタルと民主主義、デジタルと教育、AIと社会・イノベーション、そして隣国日本についても語っています。

 一読して、めくるめく初耳の知見に驚かされたのですが、最も感銘を受けたのは、今後進んでいくデジタルやAIという叡智は、人間一人ひとりのためのものであり、真の民主主義を実現するためにあるという視点。「AIと人間の関係は、ドラえもんとのび太のようなもの」という説明は感動すら覚えるものでした。

 台湾のコロナ対策が成功しているのも、信頼をデジタルでつないだから。ここに説得力を感じました。是非お勧めしたい新刊です。

Photo

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/235990/34225454

このページへのトラックバック一覧 「オードリー・タン デジタルとAIの未来を語る」:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

甲斐毅彦

2021年3月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.