ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

« 「オードリー・タン デジタルとAIの未来を語る」 | メイン | 「ヴィンテージガール 仕立屋探偵 桐ヶ谷京介」 »

2021年2月14日 (日)

「真夜中のカーボーイ」

 編集者・評論家として活躍する山田五郎さんによる書下ろし小説「真夜中のカーボーイ」(幻冬舎)を一気読みしました。

 ダスティン・ホフマン主演の1969年の米映画の邦題と同じタイトルが付けられたこの作品は、出版社に勤める定年間近の「俺」に、高校時代の恋人から39年ぶりの電話がかかって来るところから始まります。再会した二人は、17歳の時にかなわなかった大阪から南紀白浜へのバイク旅行に出かけ…。

 意外な結末へと展開する「ロードノベル」は、構成の見事さに感嘆するだけでなく、自分自身の青春時代を思い出させずにはいられないものでした。世代を超えてお勧めできる作品です。

Photo

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/235990/34225699

このページへのトラックバック一覧 「真夜中のカーボーイ」:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

甲斐毅彦

2021年3月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.