ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

« 「ヴィンテージガール 仕立屋探偵 桐ヶ谷京介」 | メイン | 「デス・ゾーン 栗城史多のエベレスト劇場」 »

2021年3月 2日 (火)

「鬼才 伝説の編集人 齋藤十一」

 ノンフィクション作家・森功さんの新刊「鬼才 伝説の編集人 齋藤十一」(幻冬舎)を読み終えました。

 「週刊新潮」「フォーカス」などの大衆誌を創刊して次々と成功させ、太宰治、新田次郎、山崎豊子、松本清張らからも畏怖され「新潮社の天皇」とまで呼ばれた天才編集者。その実像を初めて明らかにした評伝です。

 齋藤十一と言えば、私は長らく「週刊新潮」の実質的な編集トップとして強大な力を持っていた、という程度の認識でしたが、その生い立ちから最盛期、晩年までを本書で追うと、まさに出版ジャーナリズムという文化は、この人物をなくして成りえなかったとさえも思えてきます。

 今も読み継がれる作品を書き残した数々の大作家を生み出すことができたのは、齋藤が文学や音楽などの芸術文化への深い造詣があったからでしょう。太宰の名作「斜陽」のタイトルも齋藤の発案だったとは驚きました。

 何よりも注目すべき日本文学の興隆に貢献した人物が、週刊誌ジャーナリズム成功の立役者と同一人物であるという点です。芸術文化を愛するだけでなく、下世話とも言える「俗」なものに対する関心と鋭い嗅覚も持ち合わせていた。2つの価値観は一見、乖離しているようにも思えますが「人間の本質を見抜く」という狙いが通底しているのでしょう。

 出版文化を愛するすべての人に一読をお勧めしたい力作です。私もこの本を読むことができて良かったです。

Photo

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/235990/34226524

このページへのトラックバック一覧 「鬼才 伝説の編集人 齋藤十一」:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

甲斐毅彦

2021年7月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.