ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

« 「最速で体が変わる『尻』筋トレ」 | メイン | 「犬と歩けばワンダフル」 »

2021年4月27日 (火)

狩猟登山家の「読む栄養」

 最小限の装備で入山し、食料は狩猟で現地調達するサバイバル登山家・服部文祥さんの最新刊「You are what you read あなたは読んだものに他ならない」(本の雑誌社)を読みました。

 世界で唯一無二とも言える狩猟登山家は、どのような活字に触れて、その価値観を持つに至ったのか。山中で捕らえた鹿や蛙が、身体をつくっているならば、精神をつくってきたのは書物でしょう。書評というよりも、本をテーマにしたエッセイ集である本書のタイトルはそういう意味を込めているようです。

 服部さんが2017年に初めての小説「息子と狩猟に」(新潮社)を出版した時にインタビューをさせて頂いたことがあります。「取材場所はどこにしましょうか」と尋ねたところ「いえ、そちらまで行きます」と走って、私の勤め先に現れた時には度肝を抜かれました(実はたまたま職場が近かったというだけですが)。

 この「息子と狩猟に」は、極限まで山との一体化を目指し、生死と対峙してきた独自の世界観を具現化した強烈な物語で、人間界の常識や倫理観を超えた根源的な生命についての問い掛けをテーマとした作品でした。読後4年経っても、その強烈な印象が残っていますが、服部さんの読書歴を辿ることで、改めてその世界観を突き付けられたような気がします。

 紹介されている本はナンセンの『極北 フラム号北極漂流記』をはじめとする冒険記ももちろんありますが、『仏教思想のゼロポイント 「悟り」とは何か』(魚川祐司著)のように宗教観に関するものや「生命の根源を問う『私たちはどこから来て、どこへ行くのか 科学に「いのち」の根源を問う』(森達也著)のような書籍も登場する。ヘミングウェイの「老人と海」やサン=テグジュペリの「夜間飛行」など世界の名作も含まれています。様々なジャンルの書籍が、強力な引力で独自の世界観に引き寄せて語られているところに圧倒されました。

 私自身、既読の書籍も多いのですが、狩猟登山家の価値観というフィルターを通して、一つひとつを改めて読み返してみたいという衝動に駆られているところです。そんなことをしているうちに、野生の獣肉が食べたくなってくるのではないか…と、そんな予感がしています。

You_are_what_you_read

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/235990/34229758

このページへのトラックバック一覧 狩猟登山家の「読む栄養」:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

甲斐毅彦

2021年7月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.