ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

« 「人間の器」 | メイン | 狩猟登山家の「読む栄養」 »

2021年4月12日 (月)

「最速で体が変わる『尻』筋トレ」

 新刊「最速で体が変わる『尻』筋トレ」(弘田雄士著、青春出版社)をご紹介します。

 最速で筋トレの効果を実感するには「お尻の筋肉」を鍛えること―。そう力説する本書は、まず腕立て伏せや腹筋から筋トレに取り掛かることは「とても効率が悪い」という重要な指摘から始まります。

 従来の筋トレのイメージを覆すビルドアップ術のキーワードは男性ホルモンの一種である「テストステロン」。初めて聞く話が満載ですが、説得力があるのは筆者であるスポーツトレーナーの弘田雄士さんが、これまでに千葉ロッテマリーンズのコンディショニング・トレーナーとして日本一に貢献するなど、様々なトップアスリートのサポート役としての確かな実績があるからでしょう。

 1日5分、老若男女誰でも手軽にできるトレーニング方法が写真付きで詳述されているのは嬉しいです。

 筋トレ指南本は世に数多くありますが、本書は何よりもプロ野球選手の息子として育った弘田さんが、トレーナーの道を志し、様々なアスリートの体と向き合ってきた信念が貫かれていることを感じます。

 筋トレの一番の成果とは?「自分が潜在的に持っている力を100%発揮できるようになること」

 つまり変わるのは、身体だけに留まらず、人間性にまで良い影響をもたらしていくものだということなのです。

Photo

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/235990/34228849

このページへのトラックバック一覧 「最速で体が変わる『尻』筋トレ」:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

甲斐毅彦

2021年5月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.