ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

« 2021年11月 | メイン | 2022年1月 »

2021年12月

2021年12月27日 (月)

「考える脚」

 読みそびれていた荻田泰永さんの「考える脚 北極冒険家が考える、リスクとカネと歩くこと」(KADOKAWA)をやっと読み終えました。

 「北極点無補給単独徒歩」、「カナダ~グリーンランド単独行」、「南極点無補給単独徒歩」の3つの記録に荻田さんの冒険観を織り交ぜた密度の濃い1冊でした。

Photo

 どんな対象であれ、命を賭けてのめり込めるものを見つけて、実際に行動している人には魅力を感じます。荻田さんにとっては、極地冒険こそが、のめり込む対象でした。大学生の時に思いつき、ゼロからスタート。バイトして自力で資金を稼ぐことから始めて積み上げた活動には、深く共感すると同時に敬意を感じました。

 冒険家や登山家にとっては「いかにして活動の軍資金を得るか」というのは究極的な課題ですが、荻田さんはその点において非常にフェアで健全な考え方を持っています。

 「自分自身こそが自らの人生の主人公である」という生き方は「随所作主 立処皆真」という禅語そのものですね。

 そして、幸せな人生とは「やるべきこと やりたいこと できること」の3つが一致した人生だという言葉は、最も響きました。それを見つけるのに遅すぎるということはないでしょう。

2021年12月26日 (日)

「おおあんごう」

 「親ガチャ」なる言葉が、2021年の新語・流行語大賞のひとつに選出されました。インターネット発祥の俗語らしく、生まれもった環境や能力によって人生が大きく左右されるという認識に立って「生まれてくる子供は親を選べない」ことを意味するそうです。

 この「親ガチャ」で「当たった」と思える人は、あまりいないそうです。自分の場合はどうだろうか。ひもじい思いもせず、大学まで出してもらえたのだから、まあ満足しないといけないんでしょうけど「当たり」とは思えない。振り返れば親への不満なんていくらでもあるものでしょう。

 お笑いコンビ「かが屋」の加賀翔による初小説「おおあんごう」(講談社)はまさに「親ガチャ考」とでもいうべき作品です。

Photo

 恐らく自伝的な要素が多いのでしょう。岡山の田舎町を舞台とする家族の物語。岡山弁での会話は、のどかなのに、登場する「細いゴリラのような父」は、とんでもない人物です。上半身裸で外をうろつき回るかと思えば、酒に酔っていろんな人にからみ出す。こりゃあ離婚も当然でしょう。

 私も18歳の時に両親が離婚しましたが、これならば自分の親父のほうがちょっとはましなのではないかと思ってしまいました。

 でも、とんでもなく破天荒な親の元に生まれてしまったという「親ガチャ」は、果たして「はずれ」と言い切ってしまって良いのだろうか。品行方正なら「当たり」。いやいや、そんな単純なものではないでしょう。読後も「親がちゃ」を巡る禅問答にはまり込んだまま、抜け出せずに、年を越すことになりそうです。

2021年12月 4日 (土)

「ホームレス女子大生 川を下る inミシシッピ川」

 報知新聞社から傑作冒険ノンフィクションが出版されました。「ホームレス女子大生 川を下る inミシシッピ川」(佐藤ジョアナ玲子著)。

 20代の著者は、10代で母を亡くし、父との確執もあって単身で米国へ。大学で生物学を学び、苦学していた大学4年生の夏休み直前、アルバイト先が決まらずにアパートを追い出されてしまいます。

 米国でいきなり「ホームレス」になった佐藤さんの手元にあるのは以前、知人から譲り受けた「カヤック」と3000円で買った「テント」、そして10万円の現金のみでした…。そこで思いついたのは、突拍子もない発想でした。

Photo

 「そうだ、家がないなら、テントに住めばいい!」。思いついたらすぐ行動。テントに住みながら、ミシシッピ川をメキシコ湾まで手持ちのカヤックで下ってみよう。そこで出会った現地の人々との交流や、珍奇な動物たちとの遭遇。その面白さは数ある冒険記の中でも一級品でしょう。

 貧しく、働いているわけでもないのに、手に入れた世界は途轍もなく豊か。そんなことがあるはずないと思う人には、是非この傑作を読んでみて欲しい。インチキ臭い探検・冒険記は日ごろから許せないと思っている私としても、絶対にお勧めできる一冊です。

2021年12月 3日 (金)

「水俣曼荼羅」

「ゆきゆきて、神軍」で知られるドキュメンタリー映画の巨匠、原一男監督の超大作「水俣曼荼羅」を渋谷のシアターイメージフォーラムで観てきました。
 6時間12分に及ぶ3部構成。水俣病の現在という深刻なテーマでありながらも観る者を全く飽きさせない原監督の力量には改めて驚異的なものを感じました。
 高度経済成長の代償とも言える四大公害病の一つ、水俣病。生まれながらにして不自由な体のまま育った胎児性の患者や小児性の患者たちの姿からは、今なおこの公害問題が終わっていないことが伝わってきます。
 原監督は国や県と裁判で争い、補償を求める当事者や医師、支援者らを20年にわたって撮影。その密度の濃い物語をまとめた6時間12分は、まさに「一瞬」に感じると言っても良いでしょう。
 絶対にお勧めしたい理由として、最も強調しておきたいのは「正義」を振りかざす教条主義的な映画とは対極にあるという点。苦しみながらも、明るく生きようとする当事者たちの表情、支援する人々の想い、糾弾され、押し黙るばかりの行政従事者…。あるがままの人間の業を目の当たりにするドキュメンタリーの醍醐味は、まさにここにあるでしょう。
 原監督が描いた「曼荼羅」は観終わった後も、生命力を持って頭の中で渦巻き続けています。

甲斐毅彦

2022年1月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.