ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

« ドキュメンタリー映画「テレビで会えない芸人」 | メイン | 新宿区にJリーグクラブを »

2022年1月30日 (日)

「沢村忠に真空を飛ばせた男」

  「講談社 本田靖春ノンフィクション賞」の受賞作「沢村忠に真空を飛ばせた男 昭和のプロモーター・野口修評伝」(細田昌志著、新潮社)をやっと読み終えました。


 二段組み560ページの超大作。1月の読書時間はほぼこの1冊を読み切るのに費やしてしまいましたが、それだけの価値があるノンフィクションでした。


 「キックの鬼」の異名で1970年代に活躍したキックボクサー・沢村忠。必殺の真空飛び膝蹴りで、タイから来たムエタイの猛者をバッタバッタとなぎ倒し、国民を熱狂させた格闘家です。しかし、そのすべては本当に真剣勝負だったのだろうか。もし、そうでなかったとするならば、なぜだったのか。

 本書の主人公は、沢村ではなく、沢村や歌手の五木ひろしを生み出したプロモーターの野口修です。父で、戦前のボクサー、ライオン野口(野口進)にまで遡って、その生い立ちから辿っていく本書は、一部の芸能史も含む、戦後のプロ格闘技興行史なのですが、それを柱に、知られざる政界やフィクサー、裏社会の逸話が散りばめられており、全く飽きるところがありません。

 読み終えて、最も感じたことは、日本のプロ格闘技興行というのは、野口修という人物のパーソナリティーが今も色濃く反映されているのではないか、ということでした。

 格闘技ファンはもちろんですが、そうでない人にも是非お勧めしたい。放送作家である著者はこの一冊の取材・執筆に10年を費やしたそうですが、それだけの価値があるノンフィクションです。

Photo

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/235990/34244143

このページへのトラックバック一覧 「沢村忠に真空を飛ばせた男」:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

甲斐毅彦

2022年7月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.