ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

書籍

2019年12月10日 (火)

聖なるズー

今年の開高健ノンフィクション賞受賞作「聖なるズー」(濱野ちひろ、集英社)を読み終えました。ノンフィクションファンとして、毎年楽しみにしている開高賞は「従来の枠にとらわれない作品」がコンセプトですが、今年の受賞作はとらわれなさすぎ! 驚くべきことは、これが創作ではなく、ノンフィクションであるということ。自分の想像力を遥かに超えた世界が実在することに翻弄された感覚が読後の今も残っています。

Photo

 テーマは犬や馬などをパートナーとする動物性愛者。読み始めるまでに少し躊躇してしまいました。動物との性交を好む人がいるということぐらいは知っていましたが、正直に言ってしまえば、それについて詳しく知りたいという気持ちが起こらなかったからです。

 冒頭は性暴力に苦しんだ著者の濱野さんご自身が体験を振り返るところから始まります。苦痛との闘いのための「鎧」を学術に求めた濱野さんは、京都大学大学院で文化人類学の一分野としてのセクシュアリティの研究する道へ。性をめぐり多角的な考察を重ねる、この研究分野で出合ったのが「動物性愛」というテーマでした。

 濱野さんはドイツの動物性愛擁護団体との接触を試み、「ズー」と呼ばれる動物性愛者たちを長期にわたって取材します。社会からは完全に「アブノーマル」と思われる行為なのになぜ…。寝食をともにしながら徐々に聞き出していった彼らの思いを辿る頃には、濱野さんの筆力に引き込まれていきました。そして、これは性とは何か、愛とは何か、多様性とは何か、人間とは何か、という深い問いかけなのだと気づきました。

 人間は「言葉」という便利な道具を持っていても争いや暴力を防ききることはできません。性暴力もその一つでしょう。人間同士の間にのみある「言葉による合意」というのは真実なのだろうか。私には濱野さんは書いた以下の部分が最も心に残りました。

 「言葉での合意さえあれば性暴力ではないと、いったいなぜ言えるのだろうか。言葉を使う私たちは、言葉を重視すればするほどきっと罠にはまる。言葉は、身体からも精神からも離れたところにあるものだ。それは便利な道具だが、私たち自身のすべての瞬間を表現しきれない。言葉が織りなす粗い編み目から抜け落ちるものは、あまりにも多い」
 
 ノンフィクションのテーマは無限にあると思いますが、読み継がれる価値があるものを求めるならば、本作のような学術的な研究分野というのは題材の宝庫なのではないか、ということも考えさせられました。私の場合は「多様性」という言葉は知っているつもりでも、真の意味で理解していたのか、という問いを突き付けられたような気持ちです。

 題材を聞いただけでおぞましく思われる方も多いでしょう。しかし読んだ上でなくては決して議論はできないノンフィクション作品だと思います。

2019年11月27日 (水)

「投げない怪物」

 ノンフィクションライター、柳川悠二さんの新刊「投げない怪物」(小学館)を読みました。今夏の高校野球で最大級の物議を醸したのは、岩手県大会決勝、花巻東対大船渡での出来事。MAX163キロのドラフトの眼玉、大船渡の佐々木朗希投手は國保陽平監督の「故障を防ぐため」という判断で登板せず。大船渡は2―12で大敗しました。

 肯定派と否定派が真っ二つに分かれたこの監督判断を筆者の柳川さんは「高校野球の歴史の転換点」ととらえています。高校球児の将来を守るという観点からどちらかというと「肯定派」の声が優勢の中で、現場を見続けた取材者として感じたのは「英断」として称賛することへの違和感でした。

Photo

 2018年には典型的な先発完投型と言える金足農の吉田輝星が脚光を浴び、その翌年に起きた出来事だと思えば、確かに「転換点」だったと言えるでしょう。筆者は「先発完投」が消えた背景、現代のスカウト合戦、強豪校となるために必要な条件など様々な観点から、この「転換点」を検証しています。

 スポ魂漫画を彷彿とさせるようなボロボロになっても一人で投げ抜く投手が消え、盤石の継投策で、堅実な「勝利の方程式」を構築した学校が生き残っていくという流れは今後も進んでいくでしょう。その一方で、この夏の佐々木投手の「投げたかった」という悔いを蔑ろにして良いわけでもありません。

 簡単に割り切れる問題ではない。だからこそ、様々な観点から事実を把握した上での議論が必要でしょう。本書は、その叩き台とも成り得る好著です。

2019年11月14日 (木)

「探検家とペネロペちゃん」

 探検家・ノンフィクション作家、角幡唯介さんの子育てエッセイ「探検家とペネロペちゃん」(幻冬舎)を読みました。

Photo

 角幡さんの愛娘ちゃんと私の娘は同じ2013年生まれで、誕生日は5か月違い。なのでこのエッセイは「小説幻冬」で連載されている頃から注目して時折、書店で立ち読みしていたわけですが、こうして単行本として読んで、初めてその核心をつかむことができました。それは本の帯に書かれている、このフレーズに集約されています。
 

「子どもは、極夜より面白い。」

 一応は大学山岳部出身で、本多勝一の冒険論などを読んで学生時代を過ごしながらも、結局は会社員になった私にとって、角幡さんは、自分にはできなかったことを実行して来た探検家です。未踏のチベット秘境の踏査、ヒマラヤでの雪男さがし、北極での1600キロ徒歩行、そしてこれらの探検活動の集大成とも言える「極夜行」。

 これらの探検活動をスポンサーに頼らず、独力で成し遂げてきたということは、登山やら探検・冒険やらを関心事とする者にとっては、驚嘆すべきことです。その角幡さん自身が「極夜よりも、子どもが面白い」というのだから、探検ができなかった者が、胸を射抜かれたといっても大げさではないでしょう。心の中で叫びました。「俺は極夜には行けない。でも俺の家にもペネロペがいるではないか!」と。

 優れた名作小説を読んでいると「自分のことが書かれている」という錯覚に陥るものですが、我が家の「ペネロペ」と日々接している私にとってこのエッセイにはまさにその感覚がありました。子を持つまでは、子どもの写真を年賀状に貼り付けてくる人々の気が知れなかったのに、今ではそれが当然のことと思えている。親バカとは、探検家でも抗えぬ自然の摂理のようなものなのでしょう。

 その親バカぶりは、一読者に過ぎぬはずの私まで恥ずかしく感じてしまう話が満載。恐らく無類のサービス精神によるものでしょうが、角幡さんは読者に「そこまでせんでよろしい」と感じさせるほど、ご自分をさらけ出す癖があります。「空白の五マイル」の書き出しもそうでしたし、「極夜行」で物議を醸したキャバクラの喩えもそうでしょう。子育てエッセイにも関わらず、一定の読者はドン引きするに違いない、エロ動画の話なんかもこの本には出てくるわけですが、これもキレイゴトばかりではないリアリティーを感じさせる大事な要素だと私は思っています。

 感銘を受けずにいられないのは、本の面白さはさることながら、この本の出版を許した奥さまの寛容なる精神です。「ペネロペちゃん」が晴れてゴリラの研究者として、その名を馳せた日に、再びこのエッセイは脚光を浴びることでしょう。
 子育て本では、一貫したヒューマニズムの精神で、子どもたちへの信頼を説いた松田道雄の「育児の百科」(岩波文庫)以来の名著だと思います。

2019年10月30日 (水)

「辺境メシ」

ちょうど1年前に出版されたノンフィクション作家、高野秀行さんの「辺境メシ」(文芸春秋)を今さらながら読み終えました。読了が大幅に遅れたのには2つ理由があります。

 一つは2016年から18年にかけて「週刊文春」で連載していた時から毎回楽しみにしていて、すでに読んでしまっていたためです。

 もう一つは、あまりにも面白いので読み進めるのが惜しいと思っていたためです。本当に好きな小説には、こういう感覚がありますよね。

 巻頭のカラー写真を見ながら改めて読んでみると、連載の時以上に一つひとつの「辺境メシ」が強烈に感じられます。ヒキガエルジュース、サルの燻製脳味噌、胎盤餃子、アマゾンのおばさんによる口噛み酒…。

Photo

 私も比較的「ゲテモノ」には挑戦してみるタイプなのですが、「さすがにこれはちょっと…」と腰が引けてしまうものも。高野さんの未知のものへの好奇心、探求心が、やはり筋金入りのホンモノであることを思い知らされます。

 同じように食べるのが無理であっても、この本を読めば、「食」の可動域を広げてみようという勇気が湧いてくること請け合いです。

 高野さん自身が書いているように、ここに挙げられたのは地球上にある「変な食べ物」のごく一部でしょう。これから訪れる初めての土地で、「辺境メシ」を自分で発見する歓びを是非、味わってみたいと思います。

2019年10月13日 (日)

「序列を超えて。ラグビーワールドカップ全史」

 ラグビーW杯観戦をお楽しみの方にお勧めしたい一冊が、スポーツライターでラグビー解説者の藤島大さんの「序列を超えて。 ラグビーワールドカップ全史 1987―2015」(鉄筆文庫、960円)です。

Photo

 藤島大さんは数多いスポーツライターの中でも際立っ て文章が粋で、屈指の名文家の一人だと思います。東京新聞夕刊で連載されていた頃は毎回記事を切り抜いて勉強させて頂いていました。
    早大ラグビー部出身でいらっしゃるということもあり、やはり「本職」はラグビーです。本書は1987年の第1回W杯からジャパンの南アフリカ撃破に沸いた第8回W杯までを現地取材して発表して来た文章を再構成したものです。
     何よりもこれまでの流れがよく分かりますし、ジャパンはよくぞここまで強くなったものだ、と改めて感心してしまいます。思わず「へー」と声が出るエピソードも満載です。
    いよいよ決勝トーナメント直前ですが、この1冊を読んで観戦すれば楽しさは何倍にも膨らむと思います。

2019年10月 7日 (月)

「国境を越えたスクラム」

 9月22日付の読売新聞書評欄でジャーナリストの森健さんが紹介されていた「国境を越えたスクラム」(山川徹、中央公論新社)を読みました。 
 W杯3連勝中でいよいよ決勝トーナメント進出が見えてきた日本代表のメンバーは31人中15人が外国出身選手。「ガイジンばっかり」などと冷めている方には、是非お勧めしたいノンフィクションです。

Photo

 
 
 
 
   
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   
  彼らはなぜ国境を越えて、日本でスクラムを組むことを決めたのか。本書では海外組黎明期のトンガ人留学生選手たちへの取材でその経緯を丁寧に描いていきます。1987年の第1回W杯で日本代表初トライを決めたノフォムリは、当初ソロバンを学ぶためにトンガから大東文化大に留学したのが、そのきっかけだったというエピソードは特に印象に残りました。
 筆者の山川さん自身も山形中央高校ラグビー出身で、2、3年時に花園に出場している元選手。当時、高校ラグビー初の留学生として仙台育英で注目されていたニュージーランド出身のブレンデン・ニールソン(ニールソン・武蓮傳)については、フィールド上で交わった選手目線での印象を描いた上で、現在の本人にインタビューをしています。彼らが海を越えて日本でラグビーに取り組んだ思いが、こんなに熱いものだったとは。屈強な留学生を集めての「勝利至上主義」という批判が、偏った見方であることに読者は気づかされると思います。
 海を越えて桜のジャージを着るようになったのは、トンガやニュージーランドなどのラグビーが盛んな国の出身者だけではありません。本書の最終章では日本代表になった韓国出身の選手たちにスポットを当てています。
 私は以前からサッカーのようにラグビーも日韓の実力が拮抗するようになったら面白いだろうな、と想像して来ましたが、ラグビーに関しては日本の競技人口18万人に対して、韓国は2000人にも満たない。つまり100分の1程度しかいないわけです。純粋に高いレベルを目指す韓国のラグビー選手が、頗る環境が整った日本代表に憧れるというのは、むしろ当然なのかもしれません。
 現在の日本代表で活躍しているプロップの具智元もその一人。ラグビーを通じて日韓の架け橋になりたい、という思いには、心から拍手を送りたいと思います。
 今年4月に改正入管法が施行され、外国人労働者の受け入れを拡大しました。差別を助長しかねないこの政策には疑問がありますが、日本社会は益々外国出身者との共生を目指すべき環境になっていくことは間違いありません。異国から来た能力を日本社会でどう生かしていくか。
 勝利という一つの目標へと向かう国境を越えたスクラムには、偏狭なナショナリズムを超えた崇高とも言えるスピリットがあるのではないか。これからの日本社会が、そこから学び取るべき智慧は、汲みつくせぬほどあるように思います。

2019年9月16日 (月)

「戦国廃城紀行」

ノンフィクション作家・澤宮優さんの「戦国廃城紀行 敗者の城を探る」(河出文庫)を読みました。

 城巡りですが、大坂城、姫路城、熊本城といった天守閣を見物できる名城はまったく登場しません。徳川家康の敵となった石田三成の佐和山城、織田信長を討った反逆者たる明智光秀の坂本城、秀吉に仕えた加藤清正が勝者から敗者に転じたことを物語る鷹ノ原城…。登場する12の城は戦国時代に疎い私には、すべて初耳のものでした。

Photo

 

  しかし、それも無理はないでしょう。これらの城址は歴史上の「負け組」が遺していったもの。私たちがこれまで学んできた歴史は、勝者の歴史であり、ここで綴られている敗者たちの物語は、めくるめく知られざる世界なのです。

 かつて、戦死した巨人軍捕手、吉原正喜の生涯を描いた「巨人軍最強の捕手」(晶文社)でミズノスポーツライター賞を受賞した澤宮さんの主分野は、野球をはじめとするスポーツです。廃城というテーマは、あまりにもかけ離れているようにも感じますが、時空を超えて貫いているのは「光が当たらない者への眼差し」でしょう。

 「負け組への応援歌」をモットーとしている澤宮さんがスポーツノンフィクションで描く対象はヒーローやエースといった第一線のアスリートよりも、脚光を浴びたとは言えない選手の方が多い。「負け組」に視点を置いてこそ、初めて見えてくる世界を描くのが、澤宮さんの真骨頂でしょう。

 大学時代に考古学を専攻されたことを考えれば、歴史上の「負け組」に視点を向けることにも合点がいきます。

 若者は就職難、高齢者は貯蓄がなければ生きられない社会になり、自殺者は増加の一方。弱者にとって優しいとは言えない今の世の中で生きる私たちにとって、敗者の城から時空を超えて聞こえて来るメッセージに耳を傾けることは、決して無駄なことではないと思います。

2019年8月29日 (木)

「八九六四『天安門事件』は再び起きるか」

 今年の大宅壮一ノンフィクション賞受賞作となったルポライター、安田峰俊さんの「八九六四 『天安門事件』は再び起きるか」(角川書店)を読みました。

 今から30年前の1989年6月4日、民主化を求める学生らに向かって軍が発砲し、多くの死傷者が出た天安門事件。この作品は事件に直接関わった当時の学生を始め、多くの関係者にインタビューすることにより、語り継がれる中国の民主化運動弾圧事件の実態に迫ったノンフィクションです。

Photo

 事件当時、大学1年生になったばかりだった私にとっても、天安門事件は記憶に新しく、ソ連でペレストロイカが始まり、東西冷戦が終結へと向かう流れの中で起きた事件だととらえていました。

 卓越した中国語能力と取材力の合わせ技で為しえたこの力作を読んで改めて認識できたことは、天安門事件は当時のエリート層が起こした事件であって、市民一般の声を反映した運動だったとは言えないということです。

 30年前を振り返る彼らからは非常に冷めており、とても美化できる運動ではなかったということが分かってきます。興味深いのは、彼らの回想が、日本の全共闘世代のそれと重なり合うという点でした。筆者の安田さんが終章で引き合いに出したのは「西遊記」に登場する孫悟空。これがストンと腑に落ちるというか、非常に効果的だと感じました。

 本書を読めば、30年前の事件を通じて現在の中国を知ることができると思います。そして、現在香港で激しい反政府デモが起きている背景にあるものも見えてくるでしょう。

 終章で安田さんは、今後の数十年、中国で「まともに民主化が実現する可能性はほぼゼロに近いだろう」とつづっています。隣国で暮らす者として、私たちは中国との友好を深め、協調していくべきだと信じていますが、その第一歩として、まずは中国という国の現実を見極めていくことが大切なのだと思います。

2019年8月 1日 (木)

団地と移民 課題最先端「空間」の闘い

 敬愛するジャーナリスト、安田浩一さんの「団地と移民 課題最先端『空間』の闘い」(角川書店)を読みました。


 安田さんは、在日韓国・朝鮮人の生活地域で排外デモを行っている「ネット右翼」の実態を綿密な取材で明らかにしたルポ「ネットと愛国」で講談社ノンフィクション賞を受賞するなど、マスメディアが切り込みにくいテーマに取り組み、高い評価を得てきたジャーナリストです。本書のテーマである「団地」も、これまで安田さんが追ってきたテーマの延長線上にあり、さすがの着眼点だと思いました。

Photo


 

 団地は戦後の住宅難を解決するために、国策的に全国に広がった住宅。高度成長期に広まった「風呂付き住宅」には夢と希望が詰まっていたのです。


 「転勤族」の家庭で育った安田さん自身も、団地で育ちました。ルポは安田さんが子どもの頃に育った東京・町田市の団地を再訪するところから始まります。40年以上を経て、もっとも顕著に感じられた変化は高齢化。今や、孤独死が起きてしまう都会の限界集落と化しています。

 そこに生活の場を求めて、コミュニティーを形成しているのが中国やブラジルなどからの移住者たち。文化の違いから起こる住民間のトラブルは少なくありません。さらに、そこには住民ではない排外主義者たちが群がってくる…。

 安田さんは憎悪が巻き起こる背景を具に取材しながらも、現状を憂い、相互理解を進めようと尽力する善意にも光を当てています。

 文化や民族、価値観が違うものが、どうすれば共生していけるのか。これは4月1日に改正入管法が施行され、外国人労働者の受け入れに拍車をかけている日本社会が考えていかなくてはいけない最も大きな課題なのではないでしょうか。

 あとがきの中で安田さんは団地を「多文化共生社会の最前線」と書いています。他者とともに生きていく私たちにとって学ぶべきことの多い一冊です。

2019年6月28日 (金)

「狼の義 新 犬養木堂伝」

 満州国の建国と承認に反対し、首相在任中に五・一五事件(1932年)で暗殺された犬養毅の評伝「狼の義 新犬養木堂伝」(林新・堀川惠子著、角川書店)を読み終えました。

 立憲政治の実現を目指し、護憲運動の中心的政党政治家であった犬養は、軍部に疎まれ、総理官邸に乱入して来た青年将校ら拳銃を突き付けられ、打たれる直前に「話せば分かる」と諭したというのは有名な話です。本書は事件当時、貴族院議員だった犬養の「懐刀」、古島一雄をもう一人の主人公に置くことで、新事実を交えて、新たな犬養像を浮かび上がらせた力作です。

Photo

 第一章は、21歳の犬養が、東京の郵便報知新聞(後の報知新聞)の記者として、西南戦争に従軍し屍臭の中を歩いているところから始まります。かつて報知新聞に「戦場ジャーナリスト」が存在していたということも驚きですが、それが後に首相となる犬養であったということに興奮し、そのまま引き込まれていきました。

 500ページ近くに及ぶ骨太な1冊を読み終えて感じたのは、現代政治を憂うのならば、私たちはもっと犬養という人物を知るべきではないか、ということでした。憲法とは? 政党政治とは? 立憲主義とは? これらの問いかけは明治時代の藩閥政治から脱却し、理想を実現しようとした犬養なくしては語れないような気すらして来ました。

 本書を着想した林新さんはNHKの番組制作者として、太平洋戦争中のビルマ・インパールをテーマにしたドキュメンタリーなど作成して来たドキュメンタリストです。本書を半分ぐらいまで執筆されたところでご逝去され、後半は、林さんの意志を引き継いだ妻の堀川さんが書き上げたというのが出版の経緯だそうです。

 堀川さんは広島テレビ放送の記者として県警、司法、県政などを担当した後にフリージャーナリストに転身。講談社ノンフィクション賞を受賞した「死刑の基準―『永山基準』が遺したもの」や大宅壮一ノンフィクション賞を受賞した「原爆供養塔 忘れられた遺骨の70年」などの第一級のノンフィクション作品を世に送り出している実力者です。

 2016年には「原爆供養塔」の著者インタビューを受けて頂いたことがありました。足が動かなくなるまで続けるという果敢な取材活動をお話頂いた中で、夫である林さんの取材ぶりについて触れられたことが印象に残っています。

 ノンフィクション作品というのは、事実を掴むために取材に出向く経緯も作品の中で描くのが、むしろ普通ですが、林さんはそれを作品の中には書かない。ただ掴んだ事実のみを書いていく。そこに堀川さんは「しびれました」とお話していました。

 「狼の義」は読み物としての技巧として架空の人物も登場させており、純然たるノンフィクションではなく、小説的な手法を用いた評伝です。林さんの意志を引き継いだ堀川さんにとっては新たな分野への挑戦的取り組みだったのではないでしょうか。

 分野は変わっても、一行一行には、確かな取材に裏打ちされた熱量が溢れているように感じました。

甲斐毅彦

2020年1月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.