ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

« 手帳の悩みと楽しみ | メイン | 映画「クライマーズ・ハイ」のリアリティーについて »

2009年1月 3日 (土)

「猫カフェ」初体験

 あけましておめでとうございます。
 今年はこのブログ更新回数をもっと増やし、いただいたコメントには返事が打てるよう頑張りたい、と思います。
Photo_4  

 旧年は大みそかまで、新年は2日からデスク当番でした。
 「お気の毒に」と思われるかもしれませんが、そうでもないんです。
 いつもは記憶喪失になるくらい、会社には多くの電話が掛かってきてその応対だけで脳みそヘトヘト状態。
 それが世間がお休みの年末年始は、外からの電話も激減。1年で一番静かな編集局で作業もはかどりやすいのです。

 2008年は「グーグーだって猫である」(小泉今日子主演)、「ネコナデ」(大杉漣主演)と邦画では猫が陰の主役となって健闘しました。
 先ごろ、話題になっている「猫カフェ」が大崎広小路にお目見え。
 会社で猫好きの同期を半ば強引に誘って行って参りました。
いました、いました。猫、猫、猫ちゃんたちが…。
物々しく取材用のデジカメを取り出すのはためらわれ、携帯電話のカメラで何枚か撮ってみました。
動物を撮るって人より難しいですね。
猫の敏しょうな動きに付いていけず、ペット雑誌に出てくるような、
愛くるしいカメラ目線の写真には相当な根気が必要だと分かりました。

Photo_3 でも猫ちゃんたちはずいぶん人慣れしているのでしょう。
ご覧の写真の通り、足の裏を見せて全然、警戒心を持たず、すやすやおねむ中~。
中でも三毛猫さんはお目覚め時も貫ろく十分。綴じこみの猫ファイルによれば、別名イチハラエツコ。カフェの看板猫とのことでした。
 お客さんは途絶えることなく、思っていたよりも繁盛していました。
みなさん、楽しそうに猫と戯れていらっしゃいます。
自分が行った時は客の数よりも猫の数の方が多く、逆に猫に観察されているような不思議な気分にもなりました。
 いろんな都合でペットを飼えなくなった人たちや単純に、いやしを求めて訪れる人たち。
たまたまこのお店は名古屋の人気店が東京進出したとのことでしたが、
「猫カフェ」のような動物系カフェは都会でこれからどんどん増えていくのだろうなぁ、と思うのでした。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/235990/17662074

このページへのトラックバック一覧 「猫カフェ」初体験:

コメント

horse
初めて投稿させてもらいます。京女が江戸に出て、早9年目になりましたね。ご活躍、陰ながら応援した甲斐があったという自己満足のような、妙な気分ではありますが、ご無沙汰ばかりで恐縮しております。デスクをしながら、取材に駆け回っている「ウチノ姉」さまに敬意を払って、「60年企画」に参画して欲しいものと思っていますが?また、投稿させていただきます。
                             風来虎

私は犬派。ネコは嫌いです。猫なで声。化け猫。怪猫伝説。道路で車に轢かれて死んでいるのも大抵ネコ。自分の運動能力に過信していて、謙虚さが足りん。腹が減ったときだけミャアミャアミャアミャ。てなことだけど、猫カフェ。そんなんがあるんですね。猫の毛は細かい毛が良く飛んで、コーヒーの中に入らないんですかね。でも、このブログこれからも拝読します。ミャーオ(*^ー゚)/~~

遅レスですみません。
代々猫を飼っていた猫派であります。
猫カフェに行って久しぶりに、あのやわらかさに触れて
楽しゅうございました。帰宅後、家の者に
「猫くさい」といわれてしまいました。

これから、また拝見させていただきます。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.