ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

« とほほ、ぎっくり腰はこわい | メイン | 藤間紫さんの「西太后」 »

2009年3月26日 (木)

私もやっぱりWBC

優勝が決まった日、幸か不幸かデスク当番ではなかったので、
午後の仕事までワンセグ中継にかじりついていました。
これほど涙が出てくる野球は初めてでした。
ソフトボールが五輪で金メダルを取ったときと同じくらい泣きました。
ポケットティッシュで何度も涙をふきふき見ていたら、目が腫れてしまいました。

連覇できたことも確かにうれしいのですが、
私はたとえ勝敗が逆転していたとしても、同じくらい感動していたでしょう。

イチロー選手を見ながら、天才でもこんなに苦悩するのだ、と知りました。
彼は高校時代に「センター返しなら、いつでも打てる」という名言を残していますが、

一本のヒットが出ないことに、七転八倒する姿。
初戦から、次第にやせ細っていくように見えました。

プレッシャーで押しつぶされそうになる中でも集中力が切れない精神力の強さ。
センターに決勝打を放ち、一塁ベースをける時、しっかりホームを踏む選手を見届けて、

二塁に到達していました。
涙があふれてこないのかな、と思いましたが感情に流されることなく、直後に盗塁していました。

WBC期間中にあったミニ野球教室では「ボールは目で見るのではなく、体で見て」という言葉で、
アドバイスしたと書かれてありました。えっ?体に目を持てってこと?
この表現にも驚かされますが、学生相手であっても緩めない打撃論。
教えられる側も「はい、分かりました」と簡単に理解、会得できる助言ではないかもしれません。
でもこの時、イチローが自分に一番言い聞かせたい言葉でもあったのでしょう。

また、繰り返し映像で紹介されていますが、何度見ても見飽きないのが、
内川選手の美守です。
私のMVPは迷わず何度も試合の流れを変えてくれた彼です。
決勝でのスライディングで好捕した逆シングルでのワンバウンド。
瞬時に立ち上がってのセカンド送球。
遊撃手時代に三遊間の深い打球を追う時などに磨かれたグラブさばきだったのでしょうが、
ホントにほれぼれするプレーでした。

本人は「自分がびっくりしている」と控え目に返答していたそうですが、
あのバウンドはよく見ると比較的処理しやすいショートバウンドでなく、
中途半端に跳ね上がって変化しやすい状態。打球を見失わずしっかりそこにグラブが出されています。
無我夢中の中での冷静さを見るようです。

昨年、首位打者になる前の彼に迫ったテレビ特集を思い出しました。
独り暮らしの自宅にまでカメラは入っていて、黙々と洗濯する姿が忘れられません。
球場からまっすぐ帰り、必ずビデオで自分の全打席を振り返り、研究する姿も印象的でした。

優勝トロフィーに村田のユニホームをかぶせて頭上に掲げた時も涙が出ました。
日の丸の重圧の中で見せた勝つことへの執念と強さ。そこから生まれる優しさ。
またダルビッシュが投げて締めたことは、今回の優勝だけでなく、野球界の将来の希望も込められているでしょう。

まさに守りも攻撃。一見地味な守り抜く日本の野球の繊細さ、奥深さ、醍醐味を改めて教えてもらったようでした。
元気をもらえるので試合のDVDが発売されたら、必ず買ってまた追憶に浸りたい、と思うのでした。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/235990/19051091

このページへのトラックバック一覧 私もやっぱりWBC:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.