ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

« 映画「沈まぬ太陽」製作総指揮・角川歴彦氏のこと | メイン | 薬師丸ひろ子ゾーン »

2010年1月 8日 (金)

「時間の無重力感覚」を味わう気分

 早いもので新しい年が明けて一週間以上がたちました。
いただいた年賀状の中には「ブログの更新はどうなってますか?」と
ドキリとする一文が添えられているものもあり、反省しました。
今年こそは(昨年も書いた気がする)もっと更新回数を増やし、
思っていることをお伝えしたいと思います。

 年明けに4日間、休みを頂だいしました。
最初に、たまって積ん読状態になっていた10数本のDVDを順番に見ました。
何の作品を見たかは、後日、触れたいと思います。
また日比谷に「パブリック・エネミーズ」「釣りバカ日誌20 ファイナル」を見に行きました。
 「釣りバカ」はお客さんの笑い声の大きさにビックリ。
一部の観客でしたが、クスクスではなく、まるで笑い袋状態なのです。
実際に映画館で見るのと、マスコミ試写で見るのとでは、反応の違いに驚くことがあります。

 自分でもよく分からないのですが、3日以上の連休があると不思議な体験をします。
仕事がはかどらないことに落ち込み、時間に追われる生活を約20年間続けているせいでしょうか。
 時の流れが急にゆるやかになると、時間が止まってしまったような錯覚にとらわれるのです。
 うまく表現できませんが、時の無重力に放り込まれた感じ(余計分かりにくいって?)に似ているでしょうか。

 小さい時から「ボーッ」とするのが大好きで、今でも「1日じゅうぼんやりしてろ!」と言われれば、喜んでするでしょう。
 休日は思考回路が変わるので、4日間あると普段は意識的に考えないようにしている「浮遊物」が昔みたいに、頭の中にあぶくのように浮いてきます。

 たとえば、大掃除で掃除機をかけていれば。
吸い取ったホコリをぼんやりながめながら、毎回同じホコリなどないはずなのに、「なぜホコリは密度がほぼ同じく綿ボコリとなっていくのか?」とバカなことを思ったり。
また、ぼんやりニュース番組のハシゴをしていれば。
以前はこの時期になるとよくモチをのどに詰まらせ、生死をさまよう不運な事故が起きていたのに、最近はほとんどその話を聞かない。もちを食べる人が減ってしまったのか、などの疑問が勝手にわいてきます。

 どうでもいいことをたくさん考える休日でしたが、免疫力アップのため、目が解けそうになるくらい大量の睡眠も取り、元気になりました。
今年の芸能界も激動の1年になりそうで寒気がしますが、「シネマ報知」「ウチノ姉さん」をよろしくお願いします。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/235990/22859901

このページへのトラックバック一覧 「時間の無重力感覚」を味わう気分:

コメント

ブログはどうなっているのか気になって
いま見たら更新されていました。ほっ。
充実したお休みを過ごされたようで。
今年も、引き続き拝読させていただきます!

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.