ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

« 京大入試問題のネット流出で | メイン | 田中好子さんの訃報で »

2011年4月17日 (日)

東日本大地震の余震が続く中で

 東京でも今日(16日)、余震があった。大地震の被災地の人々の恐怖心はどれほどだろう。3月11日以降、ブログ更新を怠っていた。震源地からも離れており、単なる我がままなのだが、あの日以降、1か月余り無力感を覚え、書く気力が失せてしまい、少し書きかけては手が止まる状態が続いた。
 小学5年の時の担任教師が、こんなことを何度も言っていた。「これからの人生で必ず、命に関わるような災害がある。特に洪水がこわいぞ」。子供の自分は半信半疑で聞いていたが、この先生がどうして、あれほど力説していたのか。あの先生はいまも元気なのか、会って聞いてみたくなった。
 地震が起きて、スポーツ紙に出来ることは一体どれだけあるのだろう。自分が主に担当してきた演劇や映画の世界も衣食住が足りて、初めて成り立つ世界だということを今回ほど考えさせられたことはなかった。大きく変わろうとしている、あらゆる価値観。その日一日を生きられることに感謝して、大事に過ごさなければならないという思いを強くしている。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/235990/26322803

このページへのトラックバック一覧 東日本大地震の余震が続く中で:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.